新着Pick
821Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なんと言っても移動費が高いのがネックです。ガソリン税、自動車税などの税金の負担が大きいので、地方移住を促進したいのならこれらの税金に対してなんらかの措置を取るのがいいと思います。 

移動のコストさえ下がれば、実は後の問題はなんらかの方法で回避ができます。
移動費だけは確実にキャッシュフローを食いますので新規移住者が一番計算しておくべきことだと思います。
大分のど田舎と渋谷の多拠点生活をしています。移住という選択肢だけでなく、全国月額4万円で住み放題のADDressやOYOのような住居のシェアサービスを利用して複数の拠点をお試しで長期滞在しながら暮らすライフスタイルも選択肢の一つではないでしょうか。

ちなみに人間関係は本当に大事ですね。。田舎はお金で解決できないことが多いので人に頼らざるおえない。でもその助け合いや支え合える人間関係とコミュニティが、都心で隣の人の顔が見えない生活よりも、ずっと安心で豊かだと感じます。
18歳で上京するまで自然に囲まれた田舎で育ちましたので、記事の内容には大いに共感します。地方出身者が地元に帰るのは別として、都市部からのいきなりの移住はハードルが高いと思います。インフラも色々と整っていませんし、人間関係には気を遣います。

ですが移住者が既にかなり増えている場所(例えば山梨県の南アルプス市)であれば、迎え入れる側も準備ができているでしょうから、比較的スムースかもしれませんね。移住する側、迎え入れる側、双方の柔軟性が成否を分けるのだと思います。
田舎暮らしと言っても、完全なる田舎よりも
地方の中核都市(人口30万〜50万)程度が良いですよ。
私も6年前から愛媛松山に住んでいます。
申し分ない生活空間で快適に暮らしています。
空港近く、適度に田舎で自然環境に恵まれ
適度に都会で不便を感じません。

コロナ禍です。

こんな機会に「地方移住」検討されませんか?
どれくらいを田舎と呼ぶのだろう…
たしかに便利さはあまりなさそう。

少し都心から遠い場所などが今後人気になりそう
私の故郷、足利市には東京から金曜日の夜に移動して日曜日の夕方までいるという週末移住の方がいるとききました。週末移住では、暮らすだけでなく、コミュニティー作り作品の制作といった趣味や副業を兼ねる方もいるそうです。

週末にコミュニティーの一員となる方法もよさそう。
いきなり知らない、縁のない土地に移住するのは、かなりリスクだと思います。

私は、埼玉県の私鉄旗艦駅から歩いて5分強のマンションを売却して、駅はそこより都心に近いですが、駅から歩いて15分の場所に引越しました。
個人的には、プチ地方移住的な発想で選びました。
→前住んでいた所から車だと20分くらいです。

けれども、ここは前と住環境が全く違います。
23区の隣接地域ですが、こちらの方がかなり田舎風。
マンションなのに町内会も盛んで、商店街では、顔馴染みさんになる必要があります。

それでも、仕事のペースを落として、少しのんびり暮らしたい…と感じた私にはベストな選択でした。
都心からタクシーで帰るのも前よりずっと早く着きます。

私は、これくらいが適切でした。

田舎移住も、田舎に拘ることはなく、住んでいる県と同じ県で探すと、行政サービスなどもそれほど変わらないので、スムーズです。

花粉症なので、沖縄は頭を過ぎりましたが、今は白紙です。
田舎でのリモートワークも暮らし方のひとつですね。その土地のことは住職と駐在に聞くというのは、おもしろい。
地域コミュニティとの関わりを、持った生活をしたことがあるか、そうで無いかによって、地方移住にあたっての意識改革のしかたは異なるのかも知れません。
地域コミュニティの活動は、仕事とは異なり収入を伴う活動ではありませんが、公共の利益という見え難い成果にはつながります。
ただ、地域コミュニティが長年築き上げてきたヒエラルキーは、そう変わるものではありません。だから、地域コミュニティとの関わりなく、地域コミュニティが活発な地方への移住には息苦しさを感じるかも知れません。
例えば、地方にある新興の分譲地やマンションに住んで、地元に慣れてから、地域コミュニティの濃い地域に定住する、というような、慣らし期間を設けることも、ひとつのやり方です。

また、地域コミュニティの中で、オンリーワン人財を目指すことも大切ですが、公共の利益という足元の収入につながりにくい活動を、ご自身が許容できるか、過度に疲れないか、本当に楽しめるかを、自己分析することも大切だと感じています。
地方、田舎と言われてもイメージがピンキリすぎる。

適度に自然に恵まれた中核都市もざらにあるわけで。
この連載について
忙しい現代人こそ、読書が必要だ――。 近年、教養を身につけることの重要性が叫ばれているが、意欲はあっても、読む時間を十分に取れないビジネスパーソンが多いだろう。NewsPicks編集部は、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に、話題のビジネス本の要約をお届けする。1冊約10分程度で本の中身を理解できるもので、まさに現代のビジネスパーソンにぴったりの内容。週末のひとときで新たな知識を手に入れてほしい。
株式会社東洋経済新報社(とうようけいざいしんぽうしゃ、英語: TOYO KEIZAI INC.)は、ビジネス書や経済書などの発行を専門とする、日本の出版社である。 ウィキペディア