新着Pick
159Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「みんな困っている」が正しいと思うので、誰が一番とか議論している場合ではないと思います。ただ、教育を語るとき保育から大学まではよく議論の対象になるのに対して大学院は放置されがちなのは事実でしょう。

この記事では主に金銭的な面が語られていますが、他にも問題は山積みです。

例えば、すでに多くの方が指摘されている「実験できない問題」。生物を対象としたり薬品を使ったり大型装置が必要な実験系の方々はもちろんのこと、多くの図書・資料に触れなくては行けない分野の方々も困っています。コンピュータを使う分野は安泰だろうと思っていたらヒューマンインターフェース系は人を対象にする学問なので全く研究も学会活動も成立しなくなってしまっています。多くの国際会議がオンラインに移行する中、CHIという国際会議は中止を選択。

あと、どこでも議論されていないけど自分が危惧しているのは留学の問題。優秀な留学生が入国できない、安心して研究できない、溶け込むどころではないなど。3.11のときも例が見られましたが勉学を途中で諦めて帰国を選択する学生も。私のラボでも2,3人いるので総数は相当な数になるはず。また、日本から国外に出ようとして頑張っている人にも同じことが。これは本人にとっても学術界にとっても大きな損失です。

「学び」に関しては、「オンラインで十分であることがバレてしまった」とする議論が散見されますが、私は全くそう思いません。新入生や研究室の新人はお互いの顔も(Zoom以外では)見たこともない有様。例えば、みんなで集まって行う演習は手を動かしながらも行う馬鹿話こそが命。部活やサークルもできません。それらが失われたとき、一生の宝になるはずの人脈の形成は弱いものになってしまいます。

逆に良い点は、時差さえ気にしなければ多くのトップ国際会議がオンライン化しているので無料もしくは格安で聴講できる点。多くの志高い学生が「先生、これ、参加していいですか(お金出してください)」とアピールしてきます。
大学院の在学者はH28時点で約25万人。
フリーランスや大学院生以上など、コロナ以前から話題に上がりながらも対策が十分に整っていない層。
350万人程度のフリーランスは早期に話題となりましたが、双方今回の危機で目配りが必要な対象かと思います。

求む支援の大合唱状態ですが、これまでの歴史も鑑みて生命維持と将来を指させる視点から対策をとっていきたいところ。
大学での活動ができなくなり1ヶ月以上が経ちますが,あー.このデータが有ればもう少し解析できるのに,とか,簡単に計測できるデータなのに,それがないので論文が仕上がらないとか,そういう感じが増えてきました.
普通の卒業プロセスで,9月に修了する学生もいるのですが,果たして最後の半年分の成果を出せるのか...

今年の修士一年生は僕はまだ直接会っていませんが,地方から大学院に入るために出てきて一人暮らしを始めた学生とか,まわりに知り合いもほとんどいない状態でこの自宅生活が始まってしまっているので,大丈夫なのか少し心配になっています.
特にポスドクはコロナショック前から困ってましたからね。
大学院生が取り残されているのが明確なのはまずいでしょうね。

ここに来て学生のレベルで支援するしないの議論があるのがビックリ。
それは別の話ですよ。
当事者である学生からしたら、だったら最初から大学院行かすなよ、って話。

レベル云々では無く、誰もが学び研究する為に大学院に行ってるのですから、それができなくなり、人生の計画にも影響するなら何らかの支援が必要なのは当然でしょう。
今の日本の現状に鑑みると、大学院生全員を救済する必要はないと思います。

もっと言ってしまえば、大学生全員を救済する必要もない。

学費が高い上、親世代の実質賃金が下落している今、大学院は「広すぎる門」になっています。
東大の大学院も、「どんどんいらっしゃい」状態で、いわゆる「学歴ロンダリング」がまかり通っています。

この際、大学生も含めて「選択と集中」を行い、支援すべき学力を持っているか否かで選別してはいかがでしょう?

公平な評価基準があれば、東大でも支援を受けられない学生が出てくる一方、Fラン大学でも支援を得られる学生が出てきます。

この機会を利用して、大学入試の敗者復活戦を行うのです。

大学院となると専門性が問われますが、大学生で一番わかりやすいのが「英語の試験」です。
しっかり工夫すれば、ネットで試験を実施することもできるでしょう。
すでに多数ご指摘のある通り、分野によっては実験できない問題があり、学生さんの実績面も心配。
最近は企業との共同研究をしている研究室も多いでしょうから、産業界への影響も幾ばくかの懸念が。研究、特に特許の絡む技術は競争相手と1日単位の競い合いですしね。
こういう金銭的な補助だけでは解決が難しい問題をどうしたものか...
大学院生=研究者。もしくは研究者の卵。個人的には基礎研究こそ国家の礎と信じていたりします。ポスドク問題も、そのまま、研究者が安心して研究できる環境にない気がしています、ぜひ、コロナ対策でもしっかり支援をお願いしたい。
1番というのは、まぁ、言葉のあやですよね。大学院生のことも忘れないでくれよ、ということでしょう。日本社会で何故か疎かにされがちな大学院。
学生を指導する立場の山中先生が言及するのは至極当然かと思います。
コンピューター・サイエンス専攻なので、特に弊害なし。自PCでMatlab2020aのシミュレーションに、限界は感じている。