新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは適任だと思う。同氏は元々弁護士でオバマ政権時代に財務次官もあり、直近ではHSBCで規制関係も担当してた。米国政府のみならず財務次官時代の各国の財務省関係者とのつながりは、今後、当局との密な交渉が必要なリブラにとって貴重なコネクション。また、これまでの経緯を踏まえて同氏をリブラの最高責任者に就任することは、営業の観点などではなく規制対応を重視することを示している。なお、HSBCは香港ドル発券銀行でもあり通貨との関わりの歴史も長い。
規制関係の問題はクリアしていくとして、リブラは各国の通貨を裏付けとするのでデジタル通貨として機能することは利便性の観点からはメリットがあるが、既に検討が始まっている通り、各国のデジタル通貨を発行した場合はどのような存在になるのだろうか。為替や送金については通貨と同様の規制を受けることになるのであれば各国のデジタル通貨とは何が違うのだろうか注目していきたい。
新型コロナウイルスのおかげで従来の通貨はすでに時代遅れとなっているが、今後どのデジタル・仮想通貨が優勢となるかは今だ未知数だ。そのため、リブラアソシエーションの初代CEOにHSBC幹部を指名というニュースは意義がある。

我々ジャパン・ソサエティーでも今年2月にデジタル通貨に関するプログラムを主催し、仮想通貨の展望についても広く考察しているので是非ご覧いただければと思う。https://www.japansociety.org/webcast/the-future-of-digital-currencies-libra-beyond
これは適任。ザッカーバーグの何が何でもやり抜く姿勢は見事だと思う。リブラは間違いなく離陸する

フェイスブック「リブラ」のCEOに英銀大手HSBC<のスチュアート・レビー最高法務責任者を指名した。当初は6月末までに導入する計画だったが、現在は11月半ばから年末の導入を目指している。
正直言って、もう諦めるかと思っていました。

けれども、リブラを諦めないのであれば、金融界のど真ん中にいた人物のローンチ前からの起用は適切な判断だと多います。

日本では、Fintechベンチャーの幹部クラス採用で、このようなことが出来ないのが、不発弾となってしまう大きな理由の一つだと思います。
フェイスブックが導入を計画する暗号資産「リブラ」の運営団体、リブラ・アソシエーションが、初代CEOに英銀大手HSBCのスチュアート・レビー最高法務責任者を指名したそうです。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
72.4 兆円

業績