新着Pick
187Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
観光政策はこれまで「どれだけお金を落としてもらうか」という地元への経済効果の側面で語られることが多かったと思いますが、オーバーツーリズムの問題に焦点が当たり始めてから、観光にかかわる「人」(観光客、地元の双方)を考える動きが出てきました。多くのツアーが中止になる観光危機の中、「時間ができたのはチャンス」ととらえ、「人は何を求めて日本を訪れるのか」の研究を続けている関係者がいます。
観光関連事業者がCOVID19感染症による苦境からこれまでの観光のあり方を見つめ直すことも大事なのですが、それよりも住民としての立場から「自立・持続可能な地域のあり方」と共に「地域にとって必要とされる観光のあるべき姿」を見つめ直してもらいたいと思います。
しばらくは、地元や近くで今まで気づかなかった新しい価値を再発見する旅のスタイルが続くことと思います。

遠くを見ていた私達が、地場や足元を見つめ直すタイミングということだと考えています。
まあ、あてこするわけじゃないけど、「苦境だからこそ頑張らないと」とか思う人の自殺率は高いので気を付けて。苦境の時はいいんですよ、そんなに歯をくいしばらなくて。しゃーないもんはしゃーない。
これから始まる新しい世界の中で
日本は世界にどう魅力を魅せていきたいか?
今から考えた方が良い。

素材は物凄く良いと思う。
後はどう料理するか?
だと思う。
前世紀末の公共事業の効果なのでしょう、日本の農村部の風景が、変わりました。今は中国の農村部へ行くと変わりつつあります。世界中均質化するのは、評価した方が良いでしょう。日本の地方都市や空港は皆表参道化していますし、世界の大都市も均質化しています。それはそれで、人流、観光の影響なのです。
観光に関しても、今後二極化すると考えています。

新型コロナウィルスは、いろいろなものを二分化、二極化します。

「旅行」も、その例にもれないと考えています。

ポスト新型コロナウィルスの時代には「リアルな旅行」は「富裕層または、限定された回数のプレミアムな体験」になり、「VRでの代替旅行」は、「低コストの気楽な体験」と二極化すると思います。

勿論、今のVRではお金をとるのは難しいので技術的な進化が必須です。

例えば「オーロラを観たい」という場合、前者の場合には、数十万円かかりますが、「90%の体験がVRで可能」で、それが1万円だったら、それを使う人達も多いのではないでしょうか?

ポスト新型コロナウィルスの世界を考える際には、必ず二極化という考え方を取り入れないと当たらないと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません