新着Pick
73Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
武漢の研究所がウイルスの発生源であるという話の旗色が段々悪くなってきたので、今度はまた貿易問題に話を戻してきたという感じかな。今度は自分の成果である第一段階の合意を実現しろというのが中国攻撃+自己アピールという位置づけになったものと思われる。
米国が発動予定だった制裁関税第4弾を見送り、9月に発動した関税を15%から7.5%に引き下げるのと引き換えに、中国が2年間で2000億ドルの輸入増を米国に約束した第一段階の合意は米国の対中輸出を2年で倍増するほどの規模感で、最初から達成は難しいとの話がありました。
そこに新型コロナ問題が加わって、中国の国内需要が減速するかたわら、米国側でも食肉加工工場の停止など供給の制約が起きています。その結果、1~3月の米国の対中輸出は前年対比約で約3割減少し、「今後1-2週間」を待たなくても、1年目の「約770億ドル分」を織り込んで1980億ドル(前年比約8割増)に達すべき2020年の対中輸出が未達成に至ることは明らかです。本来なら冷静に合意内容を見直して良い局面ですが、米国民の対中感情は急速に悪化しており、11月に迫った大統領選挙を前にトランプ大統領が譲れる状況にあるとは思えません。
米国側の動きもさることながら、新型コロナウイルスの発生源として米国から強い非難を浴びて反発する中国がどのように出るかが気掛かりです。
米中貿易戦争が再発する可能性は2つの観点から見る必要があるでしょう。
一つは、中国が輸入増加で合意した内容を遵守出来ないという明快な約束違反

第1段階の貿易合意で、2017年を基準として米産品の購入を2年間で2000億ドル拡大することに同意。うち約770億ドル分は1年目に、残りの1230億ドル分は2年目

もう一つは、そもそも論として、中国が特許等の取扱いについて、この非常時に全てを反故にする可能性です

新型コロナに関して冷静さを欠く対立が続いているので、何がトリガーになるか予断を許さないところです。

特に、トランプ大統領は大統領選挙を念頭に政治判断をする可能性が高いので、予測が難しいですね。
トランプ氏はコロナウィルスが武漢の研究所で発生したと言う事を言わなくなった。中国に対して、やや前向きの姿勢になった。何があったのか。
自分の失態から話題を逸らしたいトランプは「中国に対して俺はこんだけタフだ」を選挙の争点にしようとしているので、米中対立はこれから深まる。バイデンも中国にソフトという訳にはいかないのでね。商務省はHuaweiに対する輸出規制を強化したばかりだし。

「消毒剤注射すればコロナを治せるんじゃね」のトランプですから、もう頭悪いのが滲み出しちゃってます。
新型コロナウイルスの影響で米中の関係性に今後変化があるのか。引き続き気になるところ。
今日はWSJに下記のような長文の読み物も出ています。
[Coronavirus Casts Deep Chill Over U.S.-China Relations]
https://on.wsj.com/3ccTyzt
政治は政治、経済は経済というわけにはなかなかいかない。仮想敵ができて喜んでいる人たちもいるかもしれないが貿易問題で余計経済が圧迫されることまでは考えが及ばないんだろうな。選挙も中国のおかげでポピュリズムの圧勝になりそうな気がする。