新着Pick
709Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東京都から40近くの道府県、政令市に広がった対策サイト同様、東京都以外の地域にも同じように展開できます。

国の施策について、経産省はほぼすべてカバーされており、農水省もかなり入っていますが、他の省庁もぜひこれに乗っかってほしい。

このサイトが実現した背景には、経産省所管のIPA(情報処理推進機構)とアスコエなど連携する団体の「データの質」を高める長年の取組みがあります。行政の情報は、定義がバラバラで、例えば「中小企業」や「子育て」でもいろんな表現がなされています。これではデータとして使えません。

ぜひこのサイトが広がり、感染症と同じように、支援メニューが被災者にとって複雑で分かりにくい、災害支援にも拡大してほしいと思います。
この辺はやはりyahoo!前CEOの宮坂さんの貢献が大きいと予想します。

宮坂さんだからこそ成せることも多々ありますが、先進的な民間企業の第一線で活躍してきた方が、行政のリーダーシップを発揮することで生まれる相乗効果は高いのではと思います。
東京都のデジタル化が進んでますね。
これまで公共のサイトはUI・UXは全く考えてないものが多かった印象ですが、そこを意識されてるのはとても良いと思います。
少し覗きました、制度探しがしやすいです。
ピクトグラム+質問での絞り込みで制度を絞り込む形式。
定着してほしい。
申請がしやすいかは別の話だけど。。。裏で努力はしているはず。
これです。必要なのは。徐々に支援策祭り、となるので、不慣れな人が置いてきぼりにならないサポートが大事ですね。
ベンチャーを経営する身で、どの制度が受けられるかイマイチ情報がまとまっていなくて時間も取られ困っていたので、このサイトはとてもありがたいです。明日改めてしっかり見てみようと思いました。
宮坂さんの仕事なのであろう。
東京都のこういう情報サービスは的確。
下記から利用できます。
https://covid19.supportnavi.metro.tokyo.lg.jp/navi
民間企業でもまとめたサイトをつくっているところがありますが、東京都のものもシンプルで使いやすそうで、良いなと感じました。
東京都の「コロナ支援策」サイト。使ってみましたがシンプルながら使いやすいサイトですね。デザイン大事だな、と改めて思いました。
今までのSIerを継続契約してUX/UIだけ特別PJチークを組んだのか、開発/制作も新ベンダーにしたのか、気になりますね。

前者なら大手SIerの生き残り戦略のひとつのロールモデルになりそう。