新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何度か書いてますが。

ヤリスのしっかり感は、ボディの出来によるところが大きいかと思ってます。
ただ、電動パワステのあからさまに不自然な制御はNGでしょう。ヒョーロンカの皆様がコレに気が付かないわけないので、全員揃ってダンマリなんでしょうかね。

また、以下で少しコメントしましたが、最近リアサスの形状が気になってます。この形状、ホントに踏ん張れるかな?と。
https://newspicks.com/news/4826876/

参考
新型トヨタ・ヤリスのTNGAプラットフォームは最新のGA-Bタイプ!
https://www.google.co.jp/amp/s/motor-fan.jp/article/amp/10011968

ヤリスのトーションビーム式リアサスペンションについて。
左右の車体から後方に伸びるトレーリングアームにそれぞれ車輪が付く。そして、その左右トレーリングアームの中間をビーム(棒)で剛結する。上から見るとHの様なカタチ。

このままだと左右トレーリングアームは一緒にしか動かない様に見えますが、実際にはこのビームが変形するので構造体とバネ両方の役割をします。

クルマがカーブを曲がる時、車体は外側に傾き、外側車輪は上方に移動します。この際、ビームは外側アームを内側に引っ張るので、外側車輪は進行方向外側、トーアウト側に向きを変えようとします。後輪が外側に向くのでヨー(旋回力)が強くなる。
つまり、踏ん張らずに不安定な方向になる。

コレがトーションビーム式の欠点。

で、コレを解消する為にみんなHの前方を開く、前開きのカタチにし、取付部をハの字にする。

こうする事で、幾何学的には車輪が上方に移動した際にトレーリングアームは外側に移動しようとし、結果外側車輪は内側を向く、トーイン方向になる。
なので後輪は踏ん張って安定する。フィット始めヤリス以外のトーションビーム式は皆コレ。

ところが、ヤリスは前開きにせず、取付部もストレート。大昔のカタチ。

もちろんサスペンションをスムーズに動かす為にはヤリスのカタチが良いが、走りはよろしくないハズ。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.1 兆円

業績