新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「必要とされていない」と嘆いて落ち込んでいる時間が、一番勿体ないです。少しの行動力で、自分も周りもいくらでも変えられます。

今までやってこなかったことを、思い切ってこの機会に始めてみてはどうでしょう?不慣れでも料理を作ってみたり、筋トレを始めてみたり、家庭菜園を作ってみるのも良いでしょう。仕事であれば、語学を克服するのでも、資格の勉強を始めてみるのでも良いかもしれません。「前を向くための何か」を手あたり次第に試して、自分にあったものを探せばよいのです。

妻子に邪険に扱われたと嘆くよりも、筋トレで体を引き締めて、服装も少しおしゃれにして、これまでの外食で肥えた舌で、家族が「おっ!」と思うような一品を作ってみては?人はいくつになっても変われるのですから、元気を出して!
今までの私はなんだったのか?

そう思ってしまう人は、確かにいるかもしれません。もしそうなら、働かされるだけで、思考停止だったことを反省しましょう。

この記事を読んで、自分はそうなりたくないと、奮起できるのなら、まだ救いはあります。

テレワークくらいで、価値を損なうような人にならないようにしましょうね。
自分と言う存在は、目の前にいる人だけとか、半径5メートルの人達だけのためにあるのではありませんよ。自分の周りの誰かに認められることだけに依存していると人間は「必要の奴隷」になってしまいます。
コロナ禍でむしろみんな実感したんじゃないですか?必要とか生産性とか効率とか、そんなんじゃ人間は生きててちっとも楽しくないことを。無駄や不要なことがあるから生きていけるんです。冷静に考えればわかりますが、おおよそ現在テレワークが不可能な仕事以外は不要な仕事です。でも、その不要こそが人間を人間足らしめ、不要こそが文化を生んだのですよ。
家でも会社でも、それ以外での活動でも、人から必要とされているかについては常に気にしておきたいものだ。必要なのはコミュニケーションというか人間関係の構築なんだろう。

自分で「自分は必要な人間だ」と思うのは、自己肯定感にも繋がる必要な考え方だが、行き過ぎると思い込みだけにもなる。
オフィスワークと同じような感覚で、テレワークすると肩身が狭くなるのは無理もありません。
テレワークで家族と一緒にいる時間が長くなった分、子育てや家事を積極的にやることで自らの居場所を作ることができます。
自分の考えを少し変えるだけで、周りの対応も変わってくるものです。
記事の内容は、実際にある話だと思うが、極端な内容ですね…。
ポストコロナ時代では、"従前の当たり前"の環境下で通用していたスキルが陳腐化する可能性が高くなる…。自身で生み出せる価値が"NEW NORMAL"の環境下で十分に通用しないかも…と早く気づく機会が目の前にあったと思えば、落ち込んでいる暇はない。自身が出来ることを目に見える"カタチ"にして、相手にどのように感じて貰いたいか…を考える。"足りていない"=GAPを感じることは、極めて重要だ。自身で気づけなければ、能動的に、変わろうという"動機"は決して生まれない…。この際、見返すくらい"UPSKILLING"してしまおう。幸い、以前よりも時間は確保し易くなっている。個人的には、自身をアップデイトすることを楽しんで欲しいと思う。その行動が、誰かのための貢献になったら最高ですね。自身の存在価値も改められると思う…。
こうなるともう、アドラー心理学でも学んで実践するしかないのではないか?
とは言え記事の年齢層の方がそこまで行くのはハードル高いか
家庭の話しはともかくとして、職場の話しで行くと、
自分自身の今の役割を確実にこなしていくことに専念できればOKだと思う。
全ての人から承認得ようなんて考えて、なんでもかんでも行動すると絶対余計なことしてうまくいかなくなるから。
もし、「自分に価値がない」と感じたなら、その思いをバネにして、「今からでも価値を作ろう」と行動すれば、価値を生むことは可能です。

過去と他人は変えられませんが、未来と自分は変えられるのです。

今回の新型コロナウィルスの影響は、ネガティブな面も多いですが、ポジティブな面は、新たな気づきを与えること、そして行動を起こすための契機を与えることだと考えています。

「自覚」できたのであれば、行動を起こせます。行動を起こせれば変わります。

人生、いろいろなことがありますが、どんな辛い場面でも、ポジティブになれる方法を、今回の新型コロナウィルスが教えてくれていると考えてみてはいかがでしょう?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
冒頭からの思春期の娘と熟年離婚の危機をミキサーにかけたようなカオスはやや極端な事例じゃないかしら。

ただ確かに、自分の価値を組織の尺度でしか測れない価値観は非常に危ういとは思います。
ちょっとこの記事衝撃です。。。。つらすぎる