新着Pick
74Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
少し前に発表された数字ですが、それはともかく。
特に地方の人たちにとってクルマは必需品です。必需品だから購入費はもちろん維持費を安く抑えたい。クルマは1人一台持ちが当たり前。こうなると登録車に比べて圧倒的に維持費の安い軽自動車に流れるのは当然です。
小さいから取り回しも楽だし、駐車スペースも小さい。ただし、衝突性能では登録車のそれには一般的に及びません。

また、軽自動車規格のおかげで、国と自治体にとって金の成る木の登録車の税制は高いままです。

日本市場のために余分な投資ができない自動車メーカーはグローバルカーばかりを登録車に入れてくる。国内専用と呼べるのは軽自動車とミニバンくらいです。これでいいのかなぁ。

http://release.jama.or.jp/sys/news/detail.pl?item_id=1924

http://release.jama.or.jp/sys/news/detail.pl?item_id=1921

https://www.airia.or.jp/publish/statistics/ub83el00000000wo-att/01.pdf
都会暮らしをしていた時には気付きませんでしたが、地方都市にくると本当に軽自動車が多い。特に車庫を見てみると、「大型車+軽ボックスワゴン」の組み合わせが多いのに気付きます。遠出の時には大型車で、近くの買い物などでは搭載量と取り回しが両立できる軽ワゴンを用いているのでしょうか。
また、免許を取得した子供の最初の車として軽を選ぶ家庭も多いようです。
また法人では軽のハッチバックの需要は大きいです。医療業界では訪問系業務の際には取り回しが容易で狭い道にも入れるこのタイプは重宝します。

確かに税金面では大きなメリットがある軽自動車ですが、実売価格を見てみると実は普通車のコンパクトカーと大差ありません。安全性能などを追い求めて軽自動車も近年価格が上昇しているのが原因と考えられます。ボックスでは自動ドアも当たり前になりましたし、オートライトなども装備率が上がってきました、
しかし衝突時安全性能に関しては雲泥の差です。特にボックスワゴンは室内容積に重きを置いた分、衝突マージンは皆無であり、搭乗者の安全の面ではかなり不安があります。また重量の問題からサスペンションも弱く、振動を拾いやすい、車高が高いタイプでは煽り風に弱いなど、様々な問題があります。

この点を考えれば、安全性能と税金がトレードオフになっている可能性が否めません。これでいいのでしょうか。
2019年度はいいけど、2020年4月は、激減しました。元に戻れるのか?
長期間の超デフレによる、固定費削減マインドと選択の硬直化。

日本の詐欺に近い凶悪な自動車関連税に対して、ガス抜きの様に優遇されてる軽自動車にシフトするのは必然。

今のスーパーハイト系軽自動車は軽量では無く、さして低燃費でも無い。そしてさほど安くもない。
しかし、多くの方のイメージはその真逆。

また、貯蓄額が少ない上に将来不安から、多くの方が残価設定ローンを使う。
残価設定ローンだと、3年後5年後の残価(下取り額)が減るリスクを避ける為、人気車種に集中しやすい。

この様な形で選択の自由も放棄している。

そして、それを自覚してない方が多い。
(自由に選んだつもりで、選んでない)
10年前の2009年の日本人の一人当たり所得(GDP)は44,674ドルで米国の92%ありました。それが今では39,304ドルで米国の63%に過ぎません(2018年)。維持費などが安い軽乗用車が評価される背景には、残念ながら日本の所得の凋落もあるんじゃないのかな・・・ (*_*;
日本だけが特殊市場となっている。海外ではこの660ccの規制が入った軽自動車という規格がそもそも無いので、軽自動車の話をするとアメリカなどでも驚かれることが多い。
軽自動車は既に十分に安いが、日本だけ海外市場では標準的に乗られているセダンが高嶺の花になってしまっている。非常に歪な状態。
アメリカで言うところのピックアップトラック市場のようなものではあるのだが…(特殊な税制、国内での規制、etc)

軽自動車しか買えない国民というのも結構、歓迎できない話と思っている。長きに渡るデフレによりそもそも、大型化して日本で乗りづらいセダンに乗らない、乗る理由も無い、というのはその通りなのだが…
地方在住としては、軽自動車は
・小回りが利く
・狭い路地でも安心
・低燃費
が魅力の大事な足です。

衝突安全性能が取りざたされていますが、軽の戦略は
・普通車と同じ土俵で戦わないこと
につきます。
・追い越し車線を走らない
・無理に飛ばさない
・高速道路や幹線道路ではなるべく譲る

軽自動車、普通車で得意不得意があります。
それはドライバーの心がけ次第、使い分けの問題と感じます。
知人も軽に乗り換えてました。車両維持コストの軽減と使いやすさ(高級車だと気を遣う)だそうです。確かに。
田舎では、軽自動車は自転車代わり。