新着Pick
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こちらで「世界全体の感染者数」を見ると、米国とヨーロッパで圧倒的に多く、感染者も死者数も、8割以上は米国とヨーロッパ、ということになります。特に、米国は3分の1を占めます。
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/
 しかし、本当にそうなのか?
 累計感染者数で見ると、欧米でもアジアでもない「その他」が増えてきています。アジアも増え続けています。
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-chart-list/#worldToalInfected
 特に感染者の増加傾向が目立つのは、ブラジル、トルコ、ロシア、インドあたりです。
 感染者が欧米に特に多いというよりも、アジア、中東、アフリカは、今まさに感染が広がっている、もしくは広がっていてもデータを取れていない、というのが実際でしょう。
 この日経のサイトでは、インドネシアの数字が見られませんが、5月4日の時点で、感染者数1万4006人、死者698人と東南アジアでもトップです。しかし、この死者数にしても、実際の数分の1であろうとは、見られています。
 インド、パキスタン、バングラデシュにいたっては、まず把握できないでしょう。
 もとより、日本を含めて、感染者数の総数を把握することはできません。より把握可能なのは、新型コロナウィルスに感染した死者の数です。しかし、これもごく一部しか把握できていない国は、アジア、中東、アフリカには多いです。
エクアドルなどでは、公式には800人の死者となっていても、超過死亡数から推定すると9000人は死亡しているようです。

アメリカや日本、北欧などは死亡後に検査してるから死者数が多めに出ているけど、検査すらできていない国は統計にも出てこない

https://www.nytimes.com/interactive/2020/04/21/world/coronavirus-missing-deaths.html
死者数が最も多いのはアメリカ。各国の数字がどこまで正確かは分かりませんが、そういう点も含めて、これからさらに死者数のカウントは増えてくることになりそう。アメリカでは最新の予測で死者数が13万人超えという数字も出てきている。