新着Pick
9Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経済活動の再開と、顧客のニーズはまた別であることを考えないといけないですね。不特定多数が同一空間にいるクルーズ船自体が三密であり、クラスター感染になる可能性の高さは誰もが周知のはず。

三密含めたコロナ対策/予防の徹底を全面に押し出してどこまで顧客が動くのかというところですが、安価にしても集客は苦戦するのではないかなと器具しています。

室内レジャー施設も同様ですが、営業再開しても顧客が戻ってこないと最終的には人件費などランニングコストを加味すると、営業すればするほど赤字になる現実が待っています。
難しい現実。
Carnivalの時価総額は約1.2兆円、コロナ前から1/3となっている。ただ2020年2月時点では株主資本比率が5割ほどあった。
BSの大部分は船そのもの。そこの稼働が低くなっているという点で、安くても買い手がいない状態で実質のBSはもっと棄損しているだろう。一方で、今後のファイナンスをしていくためにも、再開させなければ売上入らず、固定費だけが抜けていく状態。その意味で、経営では何らかの「先行き」になる行動を始めないと、何も起こらないゆえに「再開」という話だと思う。
再開は個々の経営判断だが、コロナの終息が見通せない状況の中で、どれぐらい集客できるものなのだろうか。くれぐれも、客船内で集団感染を発生させ、寄港する国々の貴重な医療資源に、さらなる負担をかけるようなことがないようにしてほしい
今回の新型コロナで最もダメージを受けた業種の一つと思われるクルーズ船。どれくらいの予約が入るものなのだろうか。