新着Pick
2Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
英語記事ですが、イギリスのロックダウン解除に向けた方法と注意点についての提案が書かれていて、非常に具体的で分かりやすく説明されています。

内容としては(ざっくり翻訳ですが)こんな感じ。
●営業再開にあたり、リスク管理を従業員個人個人の裁量にまかせてはいけない。
●5人以上の従業員がいる会社は、ウェブ上に営業再開時のセーフティガイドラインを公開する。(自社のホームページ上または政府が用意したウェブ上の場所: 既に構築済みのjob retention scheme site)
●それに反した労働環境で従業員を働かせた企業には罰金が課せられる。
●英国の衛生安全委員会事務局や地方自治体は、各企業が安全な労働環境を整えているか確認する義務がある(が、人手が足りないのが問題)
●政府は、企業が安全な労働環境を従業員に提供出来ていない場合は強制的シャットダウンさせる事ができる事を明示しなければならない。
●従業員側も、会社が提示したセーフティガイドラインに反した環境で働かせられている事が発覚したら告発できるホットラインを政府が用意すべき。
●もし切迫した危険性のある労働環境だった場合には従業員は、働く事を拒否できる権利を明確にする。
●政府は、労働環境外となる公共交通機関を使って通勤する人々の為に、交通機関のセーフティに関する明確な計画を提示しなければならない。
●また、未だに学校やチャイルドケア施設が閉鎖(または時間短縮)している中で、企業は段階的な従業員の戻り方も許可する柔軟さが必要。

各企業がどのようにリスク回避の手段を考えて安全な労働環境を整えているかが明文化(見える化)される事により、従業員が安心して職場に戻る事ができ、企業がある地域住民にも安心を与える事ができます。

こんな感じの内容でした。
日本とは法律も違うでしょうからminstriesによる権限や罰金など、完コピは難しいかもしれませんが、参考になると思いました。
(もし翻訳間違ってたらすみません。意訳ですので。)