新着Pick
178Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
持続化給付金は最速で8月と発言し、騒然としましたが、5月8日の言い間違いだったと首相自身が訂正しました。「新しい生活様式」による事業再開の流れをつくって出口を探る決意を表明したものでしたが、引き続き接待を伴う飲食店やライブハウスに行くことについては自粛を求めました。日常をどこまで取り戻すことができるのか。真新しい話は出ていません。

行政側がどこまで有効なガイドラインを設けることができるのかといえば、心もとない面があるというのが率直なところです。時間とともに体力が奪われていく民間事業者が生き残りをかけて新しい秩序をつくり、行政がそれを支援していくという形になっていくのではないかと思います。厳しいけれども、乗り越えなければならない現実です。
一国の元首の発言は、クライシスの場面ほど重さがある。有識者会議をやるのもいいが、自身の言葉でリーダーとしての覚悟をもって日本がコロナ・ショックに立ち向かう戦略を具体的に述べる必要がある。最後は政治決断しかないからだ。この記者会見から、国民は不安を払拭してポスト・コロナ・ショックの明るい日本の未来を垣間見得ただろうか?
私は残念ながら見えなかった。医療崩壊を防ぐために緊急事態宣言延長はやむを得ない。最も重要なのは経済復興戦略。特に、店舗家賃やローン支払いの半年間支払い免除や、学校の年度スタートを9月に変更し、その間オンライン授業化の準備に充てるなど、矢継ぎ早に新しい変革と戦略を出すべきだ。それに伴う様々な問題を、政、官、民で議論対処しなければ時間だけが過ぎて行く。一方で、コロナ・ショックで潤っている業界もある。家庭での引きこもりで家庭内消費が爆発的に増加し、スーパーやドラッグストアのような食料品や日曜雑貨品の売上は物凄く伸びている。コロナ・ショックによる特需の恩恵を受けている小売やメーカーからは、より高い税率を適用してより多くの税金を支払ってもらう。いずれにせよ、法的な手続きは後回しにしても、今までにない対策を行っていかないと日本経済が沈没する。ましてや圧倒的な与党体制の安倍政権だからこそ出来る技だろう。
‪「実効再生産数」が1を切ったとのこと。医者のPCR検査指示があっても検査進まない現状‬。
‪実際の感染者数が分からないと信頼できる実効再生産数は計算できないし、何かの前提で係数を掛けて推測した実効再生産数には信頼性が欠けます。専門家会議に「定量的な解除基準」をお願いして頂きたいと思います。‬
現時点で緊急事態宣言を延長し、地域毎に段階的緩和をする事自体は妥当だと思いますが、内容とスタンスに問題があります。

〇曖昧・誤解を招く指針は、国民の行動を誤らせ、感染拡大を招くおそれ
・首相は「外出自体は全く悪い事ではありません」と繰り返しました。
・「生活様式」中、例えば「感染流行地域からの移動は『控える』、旅行や帰省は『控えめに』」の受止め方は人によって違います。特定警戒地域からそれ以外に、大量に移動したらどうなるでしょう?以前、文科省「公園OK」、都知事「買物OK」発言を受け、公園やスーパーに人が殺到しました。

フランスの指針では「〇〇は不可」と、表現が明確・具体的・詳細です。そして、日本よりも極めて厳しい規制(例:罰則付外出禁止)を長期に実行した後の緩和です。
https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=88444

国民に解釈や行動を委ねる指針は、混乱や感染拡大を招くおそれがあります

〇休業・休校の影響緩和策を早急に
・深刻な経済的打撃を受けている事業者に対し、現状の救済策を早急に届ける事。それでは救われない場合も多いため、家賃対策等含め、追加の救済策を早急に講じること
・全ての学校について、双方向オンライン授業や課題の実施等を、早急に実現すること

さらに今後の緩和・解除の見通しや基準を、できれば数値等で示してほしいと思います。

〇決定し、対策を取り、責任を取るのは、政治の役割
専門家に、現状分析や予測、指針等を示してもらうことは必要ですが、それを基に、影響緩和策も踏まえて、国の方針を決定し、責任を取るのは、政治の役割です。大臣や首相は「専門家のご意見を伺って」と強調しますが、「専門家の言う通りにやったのだから、自分たちの責任ではない」は許されません。

〇国民は、“お客様”ではない
首相や知事が、自粛協力に殊更に礼を言い、お願いしますとおもねる姿には、逆に、国民の能力や責任感に対する信頼が欠けていると感じます。仏のフィリップ首相は、緩和に際し「フランス国民の民度の高さを見せてほしい」と述べました。国民は、自粛を請われて従う“お客様”ではなく、国と社会を担い、自らと大事な人達を守り、危機を乗り越える主体そのものです。

今こそ、日本国民の民度が問われています。
今からで最短で8月入金はなかなか厳しい。
14日に状況精査して判断、とのことですがその判断の元になるデータが何なのか、もう少し公開されてもいいのではと思っています。極力8割、というざっくりな数値ではなく具体的な数値目標を示して、より個々人が目標に向かって動く仕組みを作ってもいいのでは。

(追記)
入金は最短で5/8、とのこと。よ、よかった、、、
【追記】安倍首相の誤りで、早ければ「5月8日」から開始とのこと。記者会見で訂正されてました。とはいえ、こんな大事なことを間違えないでほしい

持続化給付金の支給開始時期が「8月」では、いくらなんでも遅すぎる。この間に倒産に追い込まれる会社がさらに増えてしまう。もっとスピード感を高めるべき
延期との情報を受けて絶望感と共にある人々が、将来に希望もつメッセージが誇大でも良いので、同時に必要です。

感染のピークを戦略的にずらすと同じく、自殺にはメンタルの閾値があり、どんなに辛い状況でも個々人がそこを越えないようにピークをずらす戦略がこれから長期的に間違いなく求められます。

その点、自粛で打撃を受けるビジネスの方々にとって、「家にいよう」と言うメッセージだけでは、フィジカル的にもメンタル的にもダブルパンチになる危険性がとても高いと心配しています。

経済対策はもちろんですが、追い詰められている方、思い詰めている方のメンタルがピークを越えないように

「生きていれば、リカバリー出来る」

を信じさせる強いキャンペーン、社会的ムーブメントがもっと必要と感じます。

経営者はもともとストレス耐性や、世の中の情報に対する感度が高い方々が多い。
それが本当に辛い状況です。今回のものに限らず、今後、個別の充分な経済対策には時間がかかりそうです、でも多くの同じく辛い方がいます、孤独感があっても独りではありませんし、この国はそれを見捨てる事はしないと思います。ただ時間が必要です。

生き抜きましょう。

個人的に飲食店経営(現在も存在しています)と近親者の自殺の経験があります。本当に辛い事です。一番辛かった時に救われた歌を置きます。
辛い方には是非聴いてもらいたい曲で、今の状態に重なるものがあります。

逃げることも、例えそれが問題の解決にならなくても、気を紛らわすことも大事です、生き抜く事が大事です。
生きていれば、リカバリーできます。

Diana Ross
If we fold on together
https://youtu.be/bLn_ZZEoWYI
手話の方もフェイスシールドをつけるようになりましたね。
飛沫予防の大切さが伝わってよいと思う。
追記)持続化給付金の支給開始時期が「8月」と言われたのは「8日」の言い間違いだったようです。よかったです。

+++
緊急事態宣言の延長が31日まで決定、これについて安倍首相が記者会見を開いて説明を行う模様です。
31日までとしながら14日には一旦状況を精査し、その時点での解除という方向性も示しており何を語るのか注目されます。
無難。お願いベースで、1ヶ月で成果は出ないだろう。
それとも、医療提供体制拡張スピード加速に勝算あるのかな。
医療従事者への差別についての発言があったが、わざわざ言うほど多いのでしょうね。悲しい限り。

過度のストレス下で懸命に働いている医療従事者への敬意は忘れてはいけない。
関連記事一覧
なぜ安倍首相と小池都知事は「不要不急の会見」を繰り返すのか - 海外のリーダーはどこが違うか
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
65Picks

安倍総理の星野源さんコラボは何が問題だったのか / 音楽家からの視点と分析
note(ノート)
54Picks

総理大臣と記者との会食はなぜ無くならないのか 新聞労連委員長に問う(立岩陽一郎)
Yahoo!ニュース 個人
8Picks

安倍首相が「会見は事前に記者会と打ち合わせ」と明言…打ち切られた江川氏は問題提起
デイリースポーツ online
7Picks

安倍首相、29日午後6時から会見
Reuters
7Picks

ゴーン氏の記者会見。どんな広報のテクニックが使われていたか?
AdverTimes
7Picks

2020年になっても国民は忘れない! 2019年に安倍総理が成し遂げた10のこと
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
5Picks

安倍晋三総理大臣と星野源さんのコラボ動画に賛否両論!
こぐま速報
3Picks

コロナウイルス、安倍内閣への評価に異変 過去の危機管理との違いは
withnews.jp
3Picks

21回連続で記者を「排除」。お気に入り記者だけ指名する小池都知事の“談合ヤラセ会見”
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
3Picks