新着Pick

公式や計算が苦手な人が「数学を身近に感じられる」お勧め図書28選

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
226Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中島氏以外のお二人の話と選書をみて悲しくなった。

数学とは、公式でも計算でも数式でも数字でもないし、まして物理でもない(無論、それぞれ密接な関係はある)。

>自然に隠された数学的法則

=物理

>花びらの枚数やヒマワリの種の整った配列は「フィボナッチ数」という数列に基づいて

いない。
花びらの数はフィボナッチ数であることが「多い」が、アブラナは4枚、サフランは6枚など、例外多数。

ヒマワリの種のらせんがフィボナッチ数個であるのは10%以下。

またよく知られているオウム貝の螺旋がフィボナッチ数螺旋というのもガセネタ。ちなみにフィボナッチはフィボナッチ数を発見した人ではなく、そのようなアラビア数学の知識を「算盤の書」で西洋世界に(アラビア数字とともに)紹介した偉大な人。

>太陽のまわりの時空は「アインシュタイン方程式」の計算どおりにゆがんでいます

太陽のまわりだけでなく、全ての時空は歪んでいる。その歪みを記述したのがアインシュタイン方程式なので、そうなるのは当然。「計算どおり」ではなく、逆で実験で正しさが示されたので理論が生き残った。

>実は、私たちの目の前に広がっているあらゆる自然現象の中に、数学的法則が隠されている

自然現象の中でかろうじて数式で表現できるものを物理と呼ぶ。そこに数学のツールは使われるが、英単語が頻出するからといってプログラミング言語が英語ではないように、数学の言葉を使うからといって物理は数学ではない。

確かに自然現象にインスパイアされた数学もあるが、それは数学は人間が作るものだからで、自然現象の中に「数学」はない。数学は、「(一部の)人間が美しいと感じる巧みな論理操作の体系」でしかないので、自然界に価値を求めようとするならば、そこに「物理」を感じるべき。

数学とは自然ではなくそれ自体の美しさを人間が感じることにその本質があるという意味において、中島氏がアートからのアプローチを取ったのは正しい。しかし、篠崎氏が紹介する『愛×数学×短歌』は、数学それ自体の美しさを否定するものなので、トンチンカンと言わざるを得ない。

私のおすすめ本は、加藤文元先生の一連の著作(「宇宙と宇宙をつなぐ数学」、「数学する精神」等)の他、無料で読めるものとしてフィッシュ氏の「巨大数論」 https://gyafun.jp/ln/ は小中学生に大ウケ。
<暗号解読>はよかったです。特にエニグマ暗号解読に関わったポーランド軍情報部の数学者レイェフスキの話が印象的でした。映画“イミテーション=ゲーム”の前史になります。青木薫氏の訳がまた素晴らしい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A7%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD
タイトルだけ見て数学に関係ない本なのかなと思ったら、数学者の方々のエッセイだそう。色んな本がありますね。