新着Pick
282Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当院感染症科からの報告です。

神戸の重症患者さんを全て引き受けてきたためでもありますが、院内感染でお騒がせしております。現在、本来の病院機能を回復するべく努力しています。

早くからCOVID-19パンデミックの診療の中心にあったため、様々なことが少しずつですが分かってきています。
あくまで個人的な意見としては、急速に重症化することはあるものの、不顕性感染も多く、インフルエンザと比較して極端に恐れるべき対象ではないのではと感じています。

有益と思われる情報、データは引き続き発信していく予定です。

(なお、私は病院機能停止の煽りをくって暇になってしまった外科医なのであまり貢献できていません)
発熱外来の患者さんは対象からはずしているものの、
この神戸市立病院は先月院内感染があった病院なので、定期的にここに通院している患者さんについては、受診時の感染暴露のリスクは市中よりも高かったと考えられるので、

市中の既感染率よりは高い数字かもしれない。

『PCR検査で把握されている人数よりすごく多い』のように報じられることが多いですが、PCR検査はこれだけ検査を絞ってきたのだから、全数把握しているわけではないので、今まで分かってる感染者数より多いのは当たり前です。

重症例、死亡例はほぼ全例把握されているでしょうから、抗体検査で感染の実態がわかることで、重症化率、死亡率がより正確に算出できるようにはなりますね。
3%!え、そんなに少ないの?と感じました。

ニューヨークで新型コロナウイルスにすでに感染したかどうかを確かめる抗体検査を行ったところ、4人に1人の高い割合で抗体が確認されています。ドイツのある街では7人に一人。モスクワでは、10人に一人。

では可能性は既知のウィルスや既に獲得している免疫によって日本人はコロナウィルスに罹りづらいということでしょうか。

ママがしっかりとスタンプラリーしてくれているB型肝炎、ロタ、ヒブ、肺炎球菌、四種混合、ポリオ、BCG、MRといった予防接種の中に感染抑制に係るヒントが隠れているのではないでしょうか。後続の研究が待たれます。
抗体検査陽性者数の意味するところは、正確に新型コロナウイルスに対する抗体を拾っているとすれば、感染後すでに1週間から2週間以上経過した方がどのぐらいいるか、ということです。現在の感染者を意味するわけではありませんし、今後感染しない人の人数とイコールでもありません。

また、用いられた検査が風邪を起こすヒトコロナウイルスの抗体を拾ってしまう、いわゆる「交差反応」も懸念され、単にこの秋冬に風邪をひいた方たちを拾っている可能性もあり、まだまだ数字の意味するものに大きな意味を持たせられない実情があります。

仮に、感度、特異度が100%の完璧な検査であり、抗体陽性が臨床的に意味のあるものだったとして、外来患者さんが感染にとても気をつけている集団だったという逆側のポジティブな仮定をした場合に、市中では最大で10%程度の抗体陽性率を見込むこともできますが、それでも10%。まだ第二波、第三波の起こる危険性が非常に高いことが予想できます。

ワクチンに限らず、治療薬、感染者・接触者トレースのアプリケーションなど、多種多様なイノベーションが不可欠な状況であることがよくわかります。
上田さんのコメントを引き継いで。
日本全体で、感染者300万人、死亡者500人とすれば、感染したときの死亡率は0.02%。これは平均値なので、高齢者はこれより高く、若者はこれより低いということになります。これを高いとみるかどうか。
数値に基づいた総合的な判断をすべき時期に差しかかっているのではないでしょうか。
この比率をあてはめると、単純計算で全国で300万人程度の感染者が既にいることになる。

でも誰もが知る芸能人が多く感染判明していることを考えると、実感値に近い。(というか、もっといてもおかしくない)

さすがにそれだけの人数を隔離するのは現実的じゃないだろうから、軽症時点でのセルフケア法の確立が要か。
感染しても無症状の人は想定以上に多く、一方で、一気に重症化するリスクも想定以上。この新型コロナウイルスは、フェイクの時代に生まれただけあって、本当に正体をつかむのが難しいです。
歌手のマドンナ(61)が4月30日、自身の公式ツイッターで新型コロナウイルスの抗体検査で陽性だったことを明かしました。無症状なのでしょう。一方、同じく感染した大蔵流狂言師の善竹富太郎さんが40歳の若さで亡くなりました。今月上旬まで元気にツイッターを更新していました。信じられない思いです。「正しく恐れる」ことがいかに難しいのか。新型コロナウイルスはそれを教えます。
4月下旬でのNY州は14.9%、NY市内だと24.7%だった(下記)。
人口と感染者数でみると、NY州は約2000万人・31万人(1.6%)、NY市は約840万人・約17万人(2.0%)。日本は人口1.27億人、感染者数1.4万人(0.01%)。
外患患者の3%ということで、コロナではないもの含めてなんらかの症状を持っている方での調査。また都市部で相対的に感染しやすい状態にある人という点含めて抗体保持している確率が高めに出る前提の調査だと思うが、感染者数とか人口を考えると、むしろ3%は結構高い数値のように感じる。
https://newspicks.com/news/4858291

ちなみに上記数値は「New York City Corona Number」とかでググったものとかもつかったのだが、Googleは今はこれを入れるとコロナ情報の統計とかがカードで出てきて、検索結果で出てくる左メニューもコロナ専用のになる。すごい!
無症状感染者が相当数いると示唆される研究が広がることで、感染者が謝罪する日本特有の風潮が無くなることを望みます。ドイツで流行が広がった街でランダムに選んだ1000人を対象にした抗体検査では14%が陽性(4/9の中間発表=500人分)。日本は欧米に比べて感染を抑えていると改めてわかります
神戸市立病院調査1,000人対象検査で3%が抗体所持。慶應病院は258人検査で2.7%が抗体所持だったので、15%くらいのNYとは大きな違い。日本人の多くが既に感染してるから、感染拡大が遅いというのは残念ながら眉唾な可能性が高い。まだ検査数が少ないので断定はできませんが