新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナが世界に広がるパンデミックになって対応に懸命になっている。いまはアビガンだ、さらにはノーベル賞の大村先生のイベルメクチンもよささそうだ、といろいろな対策が試みられている。

診断にはもっぱらPCRなのだが、抗体は診断には別の意味で有効だ。もっともっと検査されてよい。社会での背景がわかるからだ。つまり、抗体があるということはコロナにかかっていた、コロナに免疫があるということで、リスクは少ない、ということなのだ。

もっと大事なのはワクチンで、この開発が世界競争で始まった、ということだ。各国が公費などのでの支援しながらの世界競争なのだ。

一方で企業はこの業界ではグローバル化しており、基本的にはどの国にどれだけの税金を払っているのか、という因子はあるけどね。

日本では阪大の森下さんのバイオベンチャー「アンジェス」とタカラバイオ。頑張ってほいしいところだね。