新着Pick
717Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「日本人は危機が来ると、現状をどう改善するかより先に自らの責任回避と他人の責任追及を始める」
と始まる記事だが、できる範囲で何かできないかと挑戦する人たちもいる。
トヨタが、医療関係者を支援するためのものづくりに焦点を当てたのは、支持したい。
トヨタのヨイショ記事、だけど真実が隠されている。
★トヨタは何でも作れる。
 乗用車は2~3万点の部品から組み立てる。内外製区分は役員決定事項だが、外製部品もすべて作れる能力は社内・グループ内に保持する。3Dプリンタを含め、何でも作る能力がある。
★トヨタはウソをつかない(つけない)
 日本のトップ企業として、ウソの代償が極めて高くつくことを熟知している。だからウソはつかない。しかし、不都合なことを開示するわけではない。「月産4万個」というのは、まったくの片手間、3Dプリンタでの試作レベルでしょう。工場稼働率の下がる今だからできる話。長期的なクルマ離れの中では、あらゆるモノづくりにビジネスチャンスがあるので、そういう意味では、フェイスガードを作って経験と実績と名声を積み上げておくのは損ではない。

立派な会社であるのは事実。だから現時点で、ものづくり世界最強。しかし、DXの時代には、あらゆるコミュニケーションが変化し、ものづくりとそれに関わる情報のあり方も大変革する。それに対応できるか否かは未知数でしょう。

[追記]トヨタ頑張ってる✨
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/32487912.html?fbclid=IwAR3HhDCtNZgHTFJew2mCBockenozDgBUCuzc7xdbWQgAT91FV95auexzy54
「できるところで、できることをする」という流れは今世界中で起きている。 大手から個人まで、知恵を出し合うことで失うものはない。 傍観者にならない姿勢に共感。
各自できることをする。日本人とかなんとかは関係ないかと。

テスラが人工呼吸器を作ったのとは対称的なトヨタの判断。しかしトヨタは章男さんの後継者をどうするのだろう。
新年度をまたがる大事な時期に、社会的な一大事が起き、好き嫌いに関らず働き方が変わり、その変化を受け止める大変な時期でした。

このような大変な時期だからこそ、一人ひとりの個人やリーダそして、それを支える人間社会の底力を垣間見ることができています。

記事の中でトヨタは、「コロナ危機のなか、新型コロナウイルス感染症で闘病中の方、日夜奮闘されている医療従事者・政府・自治体関係者の皆様に対して、何か貢献できないかとの思いから、トヨタグループが力を合わせて取り組む支援活動の総称を『ココロハコブプロジェクト』といたしました」と伝えています。

リーダの力や企業の意味を噛みしめることができる心震えるメッセージでした。

コロナ禍は、国民全体としては経済を支える企業という役割や立場を見つめ直すきっかけとなり、企業にとっては使命を今一度思い返す好機になったものと感じます。

使命の根本は、その事業を通じて社会生活の向上に貢献すること。会社の存在が社会にとって何らかのプラスとなるからこそ、社会から事業を託されているものと思います。

言い換えれば、適正な利益を上げ、担い手の雇用と共に、奉仕と努力により生まれた利益を、国家に還元することが企業の社会的な義務と考えられています。それを役割として与えられ企業が生まれた以上、この度の様々な企業が実践する、利益の還元方法としての社会貢献は、やはり同じく社会から企業に期待された役割なのだと思います。

トヨタという日本リーダの活躍に、そんなことを思いなおすことができました。我々も同じ文化を基盤とした日本人として、おいそれとマネはできないかもしれませんが、サポートや応援はしていきたいと思いました。
企業活動ってすごいです。自分たちで社会への貢献の仕方を考え、行動する。これぞ本来の市場の力です。どこかの国の強欲資本主義ではありません。僕も自身の無力を悟り、次の努力をするための刺激になっています。新型コロナ問題が発生して以降、「怖い」「ヤバい」の不安を煽るだけ煽り、政府や官僚や対策チームを批判し、大雑把な8割自粛を神の声のように騒ぎ立てるメディアが目立った2ヶ月。挙げ句の果てに、財政資金が無尽蔵に湧いてくることを前提にお金をばらまけと悪ノリする無責任評論家。彼らは、嫌中嫌韓従米論者と同一です。

トヨタが医療機器を手掛け、ユニクロが防護服を創り、出前館があらたな社会インフラとなる。そんな新しい時代が来ています。今回の緊急事態を通して学んだ(行動変容後の)僕たちがそれぞれに対策と貢献の仕方を整えていく。その前提で社会機能を正常化させる。政府は早めに決断すべきです。感染症対策専門家だけに任せてしまうのは、非常に危険です。彼らの今までのリーダーシップには敬意を評しますが、ここからは一定程度の感染者数と死亡者数を許容しましょう。日本の現状は、他の国では経済再開を検討する水準です。スポーツもない、テレビも再放送ばかり。たったひとつの部品が欠けるだけで止まってしまったサプライチェーン。その影響はもう顕在化しています。給与の保証された政治家が、人気取りで、過剰な緊急事態を長引かせるのは百害あって一利なしです。
トヨタは、下町ロケット的な物作りへの拘りと、世界経済に対する危機意識を両方持ち合わせていますね。
日本の為だけでなく、世界の為に頑張ってほしいです。
本論よりも、最後に書かれている「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ現場の高倉健さんのエビソードが一番印象に残りました。

本当に強い人は、最前線の人をいつも気遣っているのですね。高倉健さん、杉良太郎さん、その他でも、日本にもすばらしい方々はみえます。

本当にすばらしく、ほんの少しでも学び、自分も実行しなければ!

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
当り障り無くが、日本の美徳。
責任回避と責任追及はセット
確かに。
民間にしても公共にしても
現場の人は頑張っていると思います。
npの書き込み見てると
正義や倫理というものは皆さん熱くお持ちですね。
より良き方向へ変わらなければいけないし、
ピンチこそが新しい発想や発明を生み出す。
然も手作りマスクと同じで、モノツクリ魂
身の周りのものでやってのける
素晴らしさは、ありますね。
フレーム部分は成型加工で上下が無いデザイン。透明シートは打ち抜き加工だと思います。ゴムは輪ゴム1本。ここまでできていれば一日2,000個は数人でできそうですね。仕事早いですね~。

この記事、展開が滅茶苦茶で、おもしろいです。高倉健さん、志村けんさん。登場人物でつなぐ感じかな。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.9 兆円

業績