新着Pick
206Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2001年のIT基本法とeジャパンから2016年の世界最先端IT国家宣言まで、この20年、掛け声の大きさに結果が必ずしも伴っていませんでした。しかし、今回は、政府や自治体のDXへの期待がかつてないほど高まっていると思います。

よいニュースは、記事の日下さんのような新しいプレーヤーが政府や自治体にがんがん提案してくれること。マイナンバーカードのポテンシャルに注目してもらえるのはありがたいですね。現時点では月に100万枚以上新規交付されています。夏には3000万枚が見えてくるでしょう。

デジタルIDはとても重要です。こうした記事などを通じて議論を深めたいのは、歴史を踏まえたあるべき姿です。国民IDである「マイナンバー(カード)」は、デジタルIDとして使うためには、いろいろな制約があります。そこには歴史と国民の意思があります。

デジタルIDは、デジタル本人確認として定義し、なりすましではなく当人であること(当人認証:基本はIDとPW)と、実在する特定の個人であること(身元確認:運転免許証やマイナンバーカード)に分けて、システムや制度を進めていく必要があります。これらが混ざると、議論が混乱します。デジタル化の黎明期は当人認証で間に合っていましたが、これからは身元確認が必要なユースケースが増えてきます。

歴史として認識したいのは、身元確認は突き詰めると1800近くある市区町村の住民基本台帳にいきつくこと。氏名と生年月日だと同じ人がいるので、最新の住所情報があることがポイントです。そして、それをシステム化した住基ネットには、プライバシーをめぐる裁判があります。また、行政の持つ情報は、名寄せを許さず、分散管理されています。これも歴史的な理由があります。

こうしたことを踏まえた上で、システムと制度について改革していくことが、日本社会のデジタル化につながります。
日本も、記事にあるマイナンバーに加えて、電子契約やハンコを見直す動きもあるのでコロナを機に便利にしていきましょう。

https://newspicks.com/news/4250370/?invoker=np_urlshare_uid289374&utm_source=newspicks&utm_campaign=np_urlshare&utm_medium=urlshare

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58509250V20C20A4MM8000/
エストニアは、デジタル立国としてよく取り上げられる。 わかりやすく解説。
日本と比べてみると面白く afterコロナを考える参考となる。
個人的には日本に近く、国民IDでいうと韓国が参考になるかと思っています。

諸外国における国民 ID 制度の 現状等に関する調査研究 報告書
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/linkdata/h24_04_houkoku.pdf

実はエストニアよりも国関連のブロックチェーンの取り組みで言えば韓国に多いのですが、規模的にも参考になるかと思います。政府のデジタル化は是非進めていきたいですね。
私、エストニアに行き、バスを間違えて郊外まで行ってしまい、色々な現地を体験してきましたが、デジタル国家を目指さないといけない哀しい歴史を知り、深く考えさせられました。

可愛らしい旧市街地と、話題になるIT立国を支えるエストニア人の、ソビエト連邦に対する警戒心は、平和ボケした日本人には持ち得ないなと痛感して帰ってきました。

だからという訳ではないですが、栗原さんの韓国が参考になるというのには賛成します。
韓国は、2008年に長く続いた戸籍制度を廃止しています。
日本よりも儒教の影響が強い韓国の方が、そのプロセスは参考になると思います。

ただし、エストニアは、かなりの割合で無宗教の人が多いそうです。その点、キリスト教文化に根付いた欧州の国々より、カルチャー的には、日本人には見えないハードルが低いとも感じます。

Yumiさん、東欧は美人が多い国が多いですが、エストニア人は民族的には、フィンランドと同じであり、他のバルト3国とは、民族が完全に違うそうですよ!
マイナンバーカード2000万人の日本は「デジタルID普及大国」。ここがこの記事のミソです。書いた本人がそう言うので間違いありません。
コロナでもたらされる社会の変革、コロナ・ボーナスは、こういう分野でこそ、期待したい。一気に行政のデジタル化を進める好機だ。
結局、こういった話になると「ビッグ・ピクチャー」が描けているか否かだと思います。

個別にみれば、日本も、いろいろな取り組みがありますが、まとまった活動になっていないので、そのメリットが享受できません。

マイナンバーが良い例だと思います。本来であれば、デジタルIDとして大きな意味を持てるポテンシャルがあるにも関わらず、日常では、ほとんど活用できていません。

何故か?それは、全体のビジョンがないからです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
絶対数でいうと、日本のマイナンバー普及率は悪くない🤔
持続化給付金の申請マイページも特別定額給付金の申請ページも落ちている。取り敢えず世界最先端のIT国家などカッコいいこと言ってないで先ずは基本的なことができるようになってほしい。