新着Pick
803Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スウェーデンにも友人は沢山いるが、やはりヨーロッパの中でも資本主義国家とは一線を画した社会主義を取り入れて独自の国家体制を築き上げた点で学ぶことが多い。それでいて、世界的なグローバル企業も数多く排出している。カジュアル衣料のH&Mや音楽ストリーミングのSpotifyが有名だが、家具業界に革新をもたらしたIKEAや自動車のボルボ、通信機器のエリクソンもスウェーデン発だ。人口密度が圧倒的に日本や欧米先進国に比べて低いという点はあるが、"我が道を進む"姿勢は、特に日本は見習うべき事が多い。だから、スタートアップ企業もグローバルに育つのだろう。
日本の介護施設は面会禁止にすれど、感染防御への理解、対応はすすんでいません。物資がとどかないだけでなく、介護施設責任者、従事者に正しい感染防御の知識も行き渡っていません。
記事の中では、介護者にフェイスシールドとマスクの着用を義務付けるようになって、ようやく感染拡大を止めることができたとあります。
施設ではケアするものの重複があり、多くの共用部分が施設内にあります。
介護事業所に正しい教育と十分な物資の配給は必須です。
独自のコロナ対策をしくスウェーデンについての考察記事です。当然ですが国によって感染者数・死亡者数が異なり、”著しく多い国と少ない国で何が違うのか?”が全世界の関心事で、多くの考察・仮説・意見・勘が発信されています。

決定的な結論を出すことの難しさはパラメーターの多さにあると言えます。
ウイルスのタイプは?、政府の対策の内容とタイミングは?、国の年齢ごとの人口比は?、話す際の発声は?、気候は?経済事情は?。。。etc
ある特定の病原体に対する免疫応答の効率も個人差があるので、国ごとで見ると何か傾向が出る可能性もあります。

真実に少しでも近づくには、たくさんの考察と検証が必要となります。一人一人が専門家です、建設的な議論が理解を深めると信じます。
日本政府や自治体は国民や市民を全然信用してないよね。
4/30時点のデータだが、ファクトの確認。Johns Hopkinsのデータでカッコは日本、米国。この数値を見ると、そんなに成功しているとは思えず、むしろ日本の状態が極めて良いと感じる。

感染者数:2万1092人(1万4088人、106万9424人)
回復者:1005人(2460人、15万3947人)
死者:2586人(430人、6万2996人)
人口:1023万人(1億2596万人、3億2783万人)

感染者のカーブを見ると、まだ伸び続けているが一日あたり500人前後で指数関数的に伸びている状態ではない。
ただ毎日500人増える状態が医療崩壊などにつながっていないのか、また国民がこの状態をどう捉えているかが気になる。

個人的には、日本は感染拡大が続いたときにはどういう影響があるかを示して、可能な自粛を呼び掛けて、でも行動解除を一定はしてよいかなぁと思う。
ただその際に医療機関のひっ迫度、再開業のガイドライン、あと行動状態が何%になったら再度緊急事態宣言するのかといった基準を出しておけば、結構実効的に動く人が多いのではないかと期待したい。
誰も経験したことのないCOVID-19パンデミック。スウェーデンの流儀も参考になるでしょう。それが正しかったかどうかは、まだもう少し先になるとは思いますが。

感染によるリスクと景気失速によるリスクを考えてのことだとは思いますが、それを科学者が決めたというのがスウェーデンらしい。政治と医療は独立しているそうです。

「スウェーデンの憲法は、公衆衛生局などの独立した当局が扱う問題に政府が介入することを禁じている。」

スウェーデンの人たちは春を謳歌しています。日本はもうしばらくの辛抱です。どちらにも明るい未来があることを期待します。
スウェーデンの感染者に対する死者の割合は12.3%(5/1現在、WTO以下同じ)で、感染者が急増して医療崩壊が起きたと話題になったイタリア(13.6%)やスペイン(11.5%)とほぼ同じ。米国は5.3%で、コントロールが効いている我が国は3.0%です。検査の件数等々の議論はあるにせよ、感染したら死亡する割合は、医療崩壊が起きたとされる国と変わりません。
感染して重症化した時、助かるか助からないかの分かれ目は、かなりの部分、酸素吸入器や人工呼吸器を使って呼吸を助けて貰えるかどうかだろうというのは、素人目にも分かります。医療が崩壊状態になってそれが十分行えなかったイタリアやスペインはともかく『集中治療室のベッドには十分な余裕があり、「現時点で250床が空いている」』スウェーデンの死亡率がこれほど高いのはなぜなのか。『ストックホルムにある101カ所の介護施設の75%に感染が広がっており、多くの高齢者が犠牲になった』、『高齢者への対策を十分に行っていれば、もっと死者数を低く抑えられたはず』といったところに秘密が隠されているように感じないでもありません。『高齢者見殺し』というショッキングな見出しが記事中にありますが、それが、合理的で高福祉と言われる国の現実だとしたら・・・ 90歳を超えた高齢者でも働き盛りの若者と平等に人工呼吸等の治療が受けられる我が国は、本当に幸せかも知れません。なにはともあれ、感謝しなくっちゃ。
介護施設の対応は日本と大きく違いますね。日本のほとんどの介護施設は、2月頃から家族と面会禁止にするという対応を取ってきたと思います。「個々の尊厳」を重要視するスウェーデンの文化的背景や死生観が影響しているのかもしれません。

「公衆衛生局の指示を待たず、ストックホルム近郊のあるユダヤ系介護施設は独自の判断で入居者への面会を禁止したと、同施設で働くアビバ・クライトシクは言う。公衆衛生局は「面会禁止」の貼り紙を撤去するよう指導してきたが、クライトシクはこれを拒んだ。」
高齢者も誰かの親であり、誰かのお爺さんお婆さんでもあるわけです。

このコメント欄でもそうだし、よくいろいろなところで、「経済を優先するために未来のない高齢者を…」という論調を見かけますが、それって先日の芸能人の風俗に関する発言と同じくらいに、ご自身が社会の一員であることに対して無自覚なのだろうなと思います。

世の中には、0か100の2択で簡単に決められるような単純なことばかりではないですよ。
Economist誌に、イギリスの問題は「科学者が政治家のように(忖度して)、政治家が科学者のように(根拠があるように)振舞ったからだ」という指摘がありました。WHOを見てもうなづけます。コロナ対策は科学者がするという割り切りはすごいと思うし、国内外の反対意見にぶれないところがさらにすごいと感じます。