新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サステナビリティと「三方よし」の共通性はしばしば指摘されていますが、最近はこの中でも「世間良し」の部分に非常に重点が置かれるようになってきたと思います。

「クリーン」という単語には、汚い/有害なものが含まれない・倫理的でフェアであるといったニュアンスがあります。人体にも動物にも環境にも悪影響を与えない美容として、「クリーン・ビューティ」という言葉はよく合うと思います。日本でも最近、美容雑誌等でSDGs特集やサステナビリティ特集が非常に目立ちますが、特に最近よく見るワードは「サステナ美」ですね。

美容関連商品も最早、「美しくなれる」とか「コストパフォーマンスが良い」だけでなく、「世間良しとなっているか」でかなり評価されるようになりつつあることがこの記事に記載されています。
一部の「意識高い系」だけが好んで使っていたものが、ある世代から当たり前のように消費されるようになりつつある。現在若年層と言われる彼らが成長する頃には、「世間良し」はより通常となり、取り組まない事業者は早期に排除されることになりかねないと感じます。もちろん、これは美容業界だけの話ではありません。
関連記事一覧
2019年のネット炎上トレンドと2020年のトレンド予測
デジタルリスクラボ
210Picks

混乱に満ちた10年、世界市場を一変させた10のトレンド
Reuters
205Picks

「三権分立どこいった?」と批判続出。#検察庁法改正案に抗議がTwitterでトレンド入り。黒川弘務氏の定年延長に
ハフポスト日本版
35Picks

尾身副座長への国会質問に疑問続出 「#福山哲郎議員に抗議します」もトレンド1位に
J-CAST ニュース
18Picks

未来学者が教える、ジャーナリストのための2020トレンド要点まとめ(意訳)
note(ノート)
7Picks

やりたいことを追求するなら、人を動かすことばを持とう。明石ガクトと黄未来が語る、メディア業界の最新トレンド(後編) - TikTok
Diamond Online
7Picks

植物由来の魚代替食品 新たなビーガンのトレンドに?
Forbes JAPAN
6Picks

ビューティ業界の次なるトレンド、“クリーンビューティ”って何?ポジティブなイメージの裏に潜む懸念も
WWD JAPAN.com
6Picks

菊間千乃弁護士「『恣意的な人事ない』は信じられない」 「#週明けの強行採決に反対します」もTwitterトレンドに(検察庁法改正案)
ハフポスト日本版
6Picks

観光産業の新トレンド「ボランツーリズム」 デンマーク・フェロー諸島の取り組みで注目浴びる「ボランティア×観光」
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
6Picks