新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もとのプレスリリースによると、アビガンの話ではなく、他が開発したものも含めて開発された薬の製造を受託します、という話。例の、ビルゲイツ財団が「可能性のある複数のワクチンや治療薬の製造設備を承認前に準備する」という件で、「製造設備」パートナーの一つとして、富士フィルム子会社(米国の会社)のデンマーク工場がやります、という話です。おもに「低所得国」をターゲットにしているということです。

前にもコメントしましたが、ゲイツの目的は、ワクチンや治療薬ができても、最初のうちは生産量が少なく、特定の裕福な国が独占する恐れがあるので、承認前から大量生産できる体制を無駄を承知で用意しておき、世界中にいきわたるようにする、というものです。

私もぱっと見て混乱しました。お間違いなく。
https://fujifilmdiosynth.com/about-us/press-releases/fujifilm-diosynth-biotechnologies-teams-with-covid-19-therapeutics-accelerator/

ちなみに、最近ロボットの業界でもデンマークの躍進が目覚ましいです。新しいモノを作る製造業として、デンマークがよく登場するようなので、注目しています。
富士フィルム、とあるので誤解されそうですが、
アビガンに限った話ではなく、日本向けの話でもなく、

もしCOVID-19に有効な治療薬が開発されたら、低所得国向けに供給するための製造を、富士の海外子会社が受託した、という話ですね。

まずは有効な薬の開発を待たねばですが、開発され次第動けるように、の準備。さすがゲイツ財団です。
これ自体は大変良いことだと思います。

全く別なことですが、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団のように、大成功した起業家の方が、こうしてお金を出して社会貢献するというアメリカ型の資本主義が今回極めて機動的に動ける存在である、ということにも興味を惹かれます。現在ワクチン開発にもお金をかなり拠出しているようですね。
世界各国の政府は、国内の様々な問題に対処することで手一杯な中で、別働隊として民間の、独自の動ける存在がいるというのは興味深く、また、心強いなとも思うのです。
しかし、もし、この財団のような存在が、もっと非倫理的であったり、独善的だったり、自分の利益のみを考えるような存在であったならば、と考えると微妙でもあります。
資本主義の一つの成果であると同時に、これをどのように倫理的存在として我々の社会の中に生み出すことができるのか、ということは今後の世界にとってもしかすると大切な論点になるかもしれません。
バイオ医薬品の製造は、医薬品のなかでも難しい。ジェネリックでもバイオシミラーと言われているが、そこは低分子薬(いわゆる普通の薬、バイオ医薬品は高分子)よりも難しい世界。
元々富山化学を買収した時も、写真フィルムで培ってきたコラーゲンライブラリと製造能力がシナジー領域として掲げていたと記憶している(もう10年以上前か…)。医薬品の世界で、もちろん研究開発によるパイプラインも重要だが、それだけの世界ではなく、製造・営業も重要。
研究開発も進めつつ、半導体業界がファブレス・ファンドリーモデルが広がっているように、富士フイルムも受託戦略も併せて柱として考えていると思う。
富士フィルムは薬剤の開発とはまた別にCDMOというビジネスを展開しています。Contract Development and Manufacturing Organizationと言って、他社が発見した薬剤を開発・製造する事業です。薬を発見する会社をファブレス半導体メーカーだとすると、CDMOはTSMCみたいなファウンドリの役割です。富士フィルムのデンマーク工場は米Biogen社のCDMO事業を買収した際に取得したものです。富士フィルムのバイオ医薬品の製造キャパは世界でもトップ5に入る水準です。CDMOのグローバルトップはスイスのLonza社です。
富士フイルムの子会社が、ビル&メリンダ・ゲイツ財団がウェルカム財団やMastercardとともに立ち上げた新型コロナウイルス感染症の治療推進プロジェクト「COVID-19 Therapeutics Accelerator」より、COVID-19治療薬のプロセス開発・製造を受託したそうです

リリースはこちら
https://www.fujifilm.com/jp/ja/news/list/4865
海部さんと稲葉さんのコメントがなければ、この記事の意味が全くわからなかったです。お二方、ありがとうございます。