新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
有事に必要なのは「主観的な判断」。

-------------------
ここで永守会長の言葉を引用しましょう。「どんなに経済が落ち込んでもリーマンの際は『会社のために働こう』と言い続けた。だが今回は自分と家族を守り、それから会社だと」「収益が一時的に落ちても、社員が幸せを感じる働きやすい会社にする」。こうした発言は、永守会長の倫理観から発せられるものだと感じます。これは損得勘定ではなく主観的な価値判断です。

ここでコッターのリーダーシップの定義を振り返ってみます。それは「進路の設定」「人心の統合」「動機付けと啓発」でした。価値合理的な行為は、社員の人心を統合し、動機づけ啓発することにつながります。特にコロナショックのような有事においては、主観的な価値判断が重要になるのです。自らの中に倫理的、美的な価値判断の軸を持たず、もっぱら損得計算で動くリーダーは、周囲の信頼を失うことになるでしょう。
日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
時価総額
6.62 兆円

業績