新着Pick
140Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
安全で有効なワクチンが仮にできたとして、それがいつになるかは分かりませんが、どこから優先的に分配すべきかは意見の分かれるところかと思います。

国単位では、自国の利益を考えることになるかもしれませんが、世界中の感染流行に繋がりがあり、グローバルな視点で物を考える必要があるでしょう。

例えば、まだ流行が起こっていない国々に優先的に接種を進めることが、結果的に自国を助けることになるかもしれません。

あるいは、医療者や食料品店のスタッフから優先的に接種を進めるのか。高齢者から進めるのか。抗体検査とセットで行うのか。その場合、どれぐらいの量の抗体を持つ人にワクチンは必要がないと言えるのか。

世界の国々が協働して、最適解を見つけておく必要があります。
え、ファイザーはもう量産体制作るの?と思ったらまずは有効性・安全性確認を当然待つようです。そりゃそうだ。記事中にもあるが世界中に70株ほどが現在研究されている中で、どれが有効かが気になるところ。更に、有効性が確認されても、そのワクチンの権利を保持したまま他社と共同製造するのは難しいだろうなあ。1社3-4か月で1000-2000万人分できるとして、20億人に提供するには複数社でやっても数年はかかる計算。体制が整えば一社でもっと製造できるのだとよいですが。

「同社のワクチン部門を担当するナネット・コセロ氏は「まずワクチンの有効性や安全性が確認される必要がある」とした上で「有効性や安全性が確認されれば、年末までに1000万ー2000万人分程度のワクチンを生産していきたい」と語った。」
ファイザーなら達成出来るかも。

業績