新着Pick
25Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
BLさんの記事に書いてなく弊紙で触れた点としては、公的資金に対する考え方。過去に破綻した以上は自助努力、という意思を強く感じました。

意外だったのは最新鋭機A350の年度内受領は計画通りということ。置き換え対象の777より運航コストを削減できるといった理由で、懐は厳しい状況下ですが予定通り受領するとのことでした。細かい点はよろしければこちらをご覧ください、と記事の宣伝。
https://www.aviationwire.jp/archives/201762
4月22日に下方修正済みで、その時の予想から逆算すると営業損益-202億円だったので、そのまま着地以上でも以下でもない。期末配当見送りは、相対的に航空会社の中ではBSが強いなかで、今は完全なる守り時というののあらわれ(この環境下では極めて正しいと思う)。
時価総額
8,702 億円

業績