[ソウル 30日 ロイター] - 韓国疾病予防管理局(KCDC)は30日、国内で新たに新型コロナウイルスに感染した人は報告されなかったと発表した。新規国内感染者が出なかったのは2月以降で初めてとなる。

新たに4人の感染が確認されたが、全員海外渡航歴のある人だった。感染者の合計は1万0765人で、死者は1人増えて247人となった。症状が回復して退院した人は9059人。

感染者のうち1065人が海外渡航歴のある人で、90%以上は海外から帰国した韓国人となっている。

また、感染予防を徹底して行われた今月の総選挙で感染者は全く出なかったと結論付けた。

KCDC当局者は会見で「2900万の有権者が4月15日の国会議員選挙に参加した。14日の潜伏期間中に選挙に関連した感染は1件も報告されなかった」と説明した。

一方、専門家委員会は29日、症状が回復した後にPCR検査で再び陽性反応が出た人について、PCR検査のテクニカル上の問題であり再感染ではないとし、こうした例が292件報告されていると明らかにした。