新着Pick
393Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東京医科歯科大学の位高教授による大変わかりやすいRNAワクチンの解説です。研究の歴史もわかります、必読です。記事にあるように、mRNAは鋳型となるDNAをベースとして合成されます。DNA ー転写ー>RNAー翻訳ー>タンパク質 の流れが生物学の大原則"セントラルドグマ"です。①の記事にわかりやすい図があるのでぜひご覧ください。https://newspicks.com/news/4856080?ref=user_9049

ワクチンの目的は病原体が持つタンパク質に対する免疫記憶を誘導することです。従来のワクチンは弱毒化/不活化した病原体そのものを打つことで病原体の持つタンパク質に対する免疫記憶を誘導します。ウイルスそのものを増やす場合に鶏卵内の細胞を使う必要がありました。

一方mRNAワクチンはまず病原体のタンパク質情報をコードする鋳型DNAを合成し、RNAへの転写をすませて、接種し、私たちの体内の細胞にタンパク質を作らせ免疫を誘導するわけです。

セントラルドグマをアニメで説明しましたのでご興味ありましたらご覧ください。https://youtu.be/sOUUogTVvO0
遺伝子のコードを書くことで、人間の体内でクスリになるような物質をつくらせてしまうmRNA治療薬。いま世界のビジネスパーソンから投資家、医療機関まで注目するこの仕組みを、門外漢にも分かりやすく語っていただきました。

この分野の研究者である、東京医科歯科大学の位高教授が語り手です。

新型コロナのパンデミックが、まだ未成熟といえる新テクノロジーの活用を一気に呼び起こしたことは、バイオテクノロジーの歴史に刻まれることになるだろうと感じました。ご一読ください。
世界中が欲しがっている、新型コロナのワクチン。いち早く開発できるのでは、との期待がかかっているのがRNAワクチンというタイプです。どういうものなのか、専門家の位髙先生に丁寧に解説していただきました。
「新型コロナの大問題としては、そもそも免疫が出来上がる仕組みが、まだ良く分かっていない部分があります。
(略)
本当の意味で、新型コロナと体の反応について分かっていない部分がある。そこはワクチンの開発よりも、先んじて解明しないといけない部分でもあります。」

ワクチンができても、効果が長く持たないとか、そういう話がありうるということですよね…ワクチンにせよ抗体検査にせよ、過度な期待はまだできない、と。

大半が軽症であることを踏まえれば、インフルエンザのように普通の医療機関で検査+治療薬、で対処できるようになることもやはり必要ですね。。治療薬はもちろん、短時間かつ比較的低コストで可能な検査の技術開発も課題。
不活化ワクチンで、サルですでに効果を実証したものが出始めてる。
mRNAは将来性はあると思うけど、今回のワクチンとして使えるかどうか
https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.04.17.046375v1.full
ピペットマンかわいい。
遺伝子情報の方が、病原体そのものの接種より、ずっと安心です。
ところで、このmRNAワクチンは免疫継続期間もコントロール出来るのでしょうか?
例えば、日本は麻疹のワクチンを幼少期に全員接種しますが、終生免疫ではないため、成人期に免疫が薄くなり(大体の人間は予防接種なんか、し直さない)麻疹に罹患し重症化したりしています(私自身も)

免疫継続期間はコントロール出来ないのであれば、継続接種をコントロールするのも必要となりそうです。
この連載について
テクノロジーの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート