新着Pick
459Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
レムデジビルの臨床試験の正式な報告が間もなくです。プレスリリースではポジティブな結果と伝えられており、記事のタイトルだけ見ると薬がとても有効だったように見えてしまいますが、解釈にはかなり注意が必要です。

ギリアドから公表されているのは、レムデジビルを5日間投与した患者と10日間投与した患者の比較試験の結果です。この2つのグループで投与後14日目に改善した患者の割合に大きな差がなかったこと(両者ともに6割強)を示しました。

これは、少なくとも薬を10日ではなく5日間投与すれば同様の効果が得られることを示唆し、薬の供給が限られた中、より多くの患者に投与できる可能性を示したものですが、投与しなかった場合との比較、すなわち正確な有効性の評価はできません。

明日以降、イタリアの患者を除いた患者の「死亡率が7%に改善」(イタリアの患者を含めると10%程度)などと数字が躍りそうですが、対象患者は人工呼吸器を装着していなかった方で、「14日目の死亡率」を示しただけなので、厳しい見方をすれば「まだ亡くなっていないだけ」の方が多く含まれている可能性を残し、一般的な重症患者と比べて「7%に改善した」と言うことはできません。

しかし、投与患者の約6割が14日時点ですでに退院していること、10%以上に見られた副作用は嘔気のみと考えられ、重篤な副作用は数%にしか見られていない(しかし、7%程度は副作用で治療中断している)という安全性の報告はポジティブなサインです。

正確な有効性データは、5月中に報告される予定のプラセボとの比較試験(second SIMPLE trial)の結果を待つ必要があります。

(追記)このプレスリリースの後、NIHからプラセボと比較したsecond trialの途中経過も報告されました(こちらはまだ完了していません)。回復までの期間が4日間程度短縮していますが、死亡率に現時点で統計学的有意差はついていません。ただし、途中経過なので、やはり最終結果を待つ必要があります。

このような未熟な結果ではありますが、FDAは米国での流行状況を鑑みてこのような結果でも緊急承認をする可能性はあると思います。
日本語記事も出たのでピックしておきます。

レムデシビルは点滴からの導入なので自宅で使えるものではない。ギリアドによると大量生産のリードタイムは色々短縮して6-8ヶ月。すでに原料の確保に動いていた模様。年末までに患者100万人分を確保することを目標としている。自社生産以外にも、北米、欧州、アジアの生産パートナーも確保しているそうです。
ギリアドのレムデシビルが、米国の臨床試験で主要評価項目を満たしたとの発表がありました。ギリアドはもちろん米国ダウもゲキ上げ。5月にも正式承認の可能性も。軽症者にアビガン、重症者にレムデシビルと一応みえてきた。人類の反撃開始ですね!
ギリアドからのアナウンスはこれですかね。
投与を5日したグループと10日したグループで結果は同じだった。つまり5日投与すれば良い、というところがPrimary endpointに見えます。そもそもの投与による有効性自体を精査するものではなかったかもしれませんが。
こういうときこそプロの解説がほしいところ。

https://www.gilead.com/news-and-press/press-room/press-releases/2020/4/gilead-announces-results-from-phase-3-trial-of-investigational-antiviral-remdesivir-in-patients-with-severe-covid-19
昨日からの株価の爆上げの主因はこれですね。
やはり抗ウイルス薬は、(もともと自然回復する人たちの)回復までの日数を短縮するが、死亡率を下げはしないと
アビガンよりもこちらの方が先にインパクト出しそうですね