新着Pick
815Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スウェーデン在住者に言わせると、政策決定や統計の透明性が高く、政治と科学に対する国民の信頼が独自の戦略を支えているという。ほとんどの野党も政策を支持していると。
人口密度が低く、単身世帯が多いといった特有の背景もあります。国外メディアの毀誉褒貶が大きい「社会実験」の評価はこれからでしょうが、第2波の抑え込みや経済指標に表れてくる影響に注目です
スウェーデンをはじめ北欧諸国では「自立した個人の尊厳」を特に重要視する文化があります。医療・介護の分野でもいわゆる「延命治療」は高齢者への虐待とみなされる傾向があり、寝たきりの方がほとんどいないと聞きます。そういった文化や死生観が関係しているのかもしれません。こういった対策の結果には興味がありますが、日本でもそのまま当てはめられるものではないと思います。
スウェーデンに関しては、4月23日の時点で次のようにコメントした。

人口1000万人強のスウェーデンは、在宅勤務や外出自粛を推奨しているが、50人以上の集まりを禁止したのみで、周辺諸国のような規制は設けていない。学校も、通常通りだ。そこでの数字を見ると、感染確認が約1万5000人、死者が1765人となっている。日本くらいの人口なら約2万人近く死んでいる計算だろう。実際、新型コロナウィルスによる死亡率は、デンマークの2.5倍、ノルウェー の約4倍、フィンランドの8倍ということだ。ただ、医療崩壊は起きていない……。どうなんだろう。

そして、付け加えておくと、死者のかなりの部分が、医療保障や社会保障の網の目からこぼれ落ちがちな移民だ。
デンマークに居た時に印象的だったのは、診察の際に高齢者であっても自分の病気について、薬の名前、効能、量まで正確に覚え説明してくれることでした。その事を患者に褒めても、当たり前の事で日本人の多くの違うことに驚いた様子でした。
つまり、自分の健康に自分で責任をもっていると感じるエピソードでした。デンマークではスウェーデンの方も多く、同じ様な方が多かったと思います。
かたや日本人の多くの患者は、自分の病気、薬、治療方針でさえ知らない方が多いです。説明しないこちら側の問題なのか、医療費が安いからなのか、患者が医師に全てお任せスタイルだからなのか。
この大胆な行動は他国と異なる時点で、指示を出す為政者も勇気がいると思います。しかしその為政者を選んだ行動にも自己責任があるはずで、この大胆な政策にもスウェーデン国民は自分の選択として腑におちているのかもしれません。よって行動制限せずに感染拡大しても自分達の行動としての結果であり納得しているのかもしれません。
恐らく、ここ個人で行動制限以外の感染防御策に注力されている事で医療崩壊の程度も低く抑えているのかもしれません。
今後どうなるのか注目したいと思います。
スウェーデンのような極端な例をもって日本と比べたがる方が散見されますが、そもそもスウェーデンの人口は1000万人ほど。経済規模や主要産業の構成比も日本とは全く異なります。

こういった先進的なイメージがある国の政策がうらやましく思えるのも無理はないですが、抱えている問題が違うだけでどこの国も試行錯誤しているわけです。
スウェーデンに住む人口の約1/4が移民という北欧一の移民大国であり、亡くなっている方の多くが移民という報道もありましたが(真偽は不明)、実際のところどうなんでしょうか?
ブラジルは大統領がみんな感染しても仕方ないので自宅待機をすぐにでも終了するように発言した、ととられる報道が日本で大々的に取り上げられて衝撃を与えたようです。

実際の現地メディアのニュースや実生活の状況とはだいぶ異なるので、本当に日本で国外(特にマイナー国)の情報を取る際の問題点を感じます。マイナー国はよっぽどショッキングな煽りをしないと取り上げてもらえないですからね。

ちなみに中国(上海)、台湾などもほぼほぼ通常稼働に戻っているようです。ここは抑え込みができた、という判断に基づくものでスウェーデンとは状況違うとは思いますが。
こういうことを聞くと、やっぱり国民性っていうのはあるんだなあと思う。
とにかく一人でも死者がでないようにと考えるのが日本人、だから緊急事態宣言は簡単には解除できない。

欧米は(まだまだ日本以上に死者が出ているのに)そろそろ経済復興目線に移っていくだろう。これは多少死人が出ても経済が壊すわけにはいかないということです。
一方で、毎年自動車事故で100万人以上が亡くなっていますが、誰も自動車の運転を止めましょうとは言わない。そんなことしたら個人の生活も経済も止まってしまうからです。

この問題は大変難しい。
「命の大切さ」を訴えるのはもちろんだが、マスコミもそれを一歩踏み超えた議論に挑戦してもらいたい。
正解はない世界なので、国として国民として、この選択肢をとったことを他国としては批判するのではなく、尊重すべきでしょう。

自分に利害関係のない他者、他国のことについて批判することは、多様性の尊重とい意味では好ましくないと考えます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
スウェーデンらしい対応。それでは日本らしい対応とは何か⁉︎