新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
講談社ブルーバックスさんに、『子どものアトピー性皮膚炎は、自然に良くなりますか?』が掲載されました。

子どもの時期に発症したアトピー性皮膚炎は、確かに多くは改善していきます。しかし、10歳前後からはアトピー性皮膚炎から離脱することが難しくなってくるという報告があります。
そしてアトピー性皮膚炎は、他のアレルギー疾患の引き金になることもわかってきています。

そのような子どもの時期のアトピー性皮膚炎の改善度やリスクを、文献からひもといてみました。
アトピー性皮膚炎とアレルギーの関係について非常にわかりやすく解説いただいており、共感する点が多いです。
皮膚科医としてはアトピー性皮膚炎が自然軽快することはよく経験しますが確かに離脱できない症例もあります。
「1:スキンケア、2:薬物療法、3:悪化要因対策」非常に重要ですね。
新たな知見、新たな治療(外用・内服・注射)などの登場してきた新しい時代だからこそ今後も最新の情報、エビデンスを追っていくことが重要と考えます。