新着Pick
892Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
9月入学大賛成。この機会を逃してはならない。
 9月じゃない入学タイミングの国なんて日本と韓国(3月)ぐらいだ。欧米のみならず、中国だって東南アジア諸国も9月入学。日本から留学する場合も、他国からの留学生を受け入れる場合も、いつも、この入学時期のずれが問題になってきた。これまでは、就職時期との関係が、とかいろいろ関係することがあるから入学時期を変えるのが困難、などといろいろな話があって進まなかった。しかし、今、コロナ危機で、全てが停止、大卒一括入学も既に崩れつつあった。この機を逃したら、世界標準の9月入学に合わせる機会はない。
 コロナ危機は、これまで手を付けられなかったことをただすチャンスとすべきだ。
どちらかというと賛成。
入試がインフル蔓延の時期だとか、雪が降るとかあったし、留学のタイミングが多くの国で取りやすいですよね。
ただ、生まれの時期のこれまでと今後をどう調整するのか等、現実の少し面倒な課題は出てくるでしょうね。
いずれにせよ、今、自治体の首長の実力差がはっきり示されるし、国会議員より一部地方の首長の方が輝いて見えますね。
NYUは1月スタートになりましたよね。欧米に合わせるから9月というのは分からなくもないですが、コロナが9月に収まるかどうか分からない今、思い切って来年の春までGAPイヤーとして、小中高も1年ずらしつつ、来年までは新指導要領への移行期間として探究型の授業を増やし、考える力を育む環境を一気に整備してはいかがでしょうか?しばらく不景気でしょうから、大学生も卒業まで余裕があった方が良いでしょうし(学費の問題はありますが)、格差論が問題となる中、オンラインの環境も無い、学校もないで受験勉強をしている高校3年生には相当辛い状況なのではないかと想像します。新一年生は月齢で半分入学で、半分は年長さんをもう一年とかいう大胆なやり方もあるのではと妄想します。オールジャパンとありますが、折角の機会なので、大胆な議論を期待したいです。
8年前には東大が秋入学への全面移行を検討したことがありましたが、この時は内部からの反対もあり、立ち消えになってしまいましたね。
海外の学校との学期のタイミングを合わせるうえで、長期的には悪くないアイデアだと思うのですが、一方で知事の方々は9月には全国で現在の状況が打開していると想定しているのでしょうか。それはそれで、なかなかアグレッシブな前提だと感じてしまいます。

問題は地域間の学力格差が広がることよりも、休校期間が伸びる地域の子供たちに対していかに学びの機会を提供するかではないでしょうか。
護送船団方式的に学期を後ろにズラすということは、ともすると、学べる環境にある子供たちの学びの機会を逆に奪うことになりやしないかとも感じます。

9月に入学時期をズラすこと自体は良いと思います。
ただ注力すべきは、現在の状況が長期化することも見据えたうえで、自宅で過ごす子供たちに少しでも学びの機会を提供できるよう、環境を整えることなのではないでしょうか。
結局、休校期間中に学びの機会を提供するという努力を放棄しズラしてしまえ、の方が意思決定者はラクという話であってグローバルスタンダードに合わせるとかそんな崇高な話では無いと思います。話自体は悪くない筋ですが、あと4か月で拙速に決める話ではないという印象があります。

それよりもオンライン環境整備するのが先では?なし崩し的に決めるには当事者への影響が甚大ゆえ、このノリでやるなら私は反対です。あと留学生が来ない最大の理由は「9月入学ではないから」ではないでしょう。
NHKで、反対の知事はいなかったと報じていました。グローバル対応として9月に変えるのだとしたら今回逃したらずっとできないだろうから、チャンスだとは思うけど、そもそも今欧米とズレていてどれくらい不便なのか。シンガポールやオーストラリアは1月はじまりです。

あとは大学等オンラインではじまってしまっているところをどうするか、入試や就職を合わせられるか、4〜8月生まれの子たちの学年どうするか、あたりか。
ずっとこうしていたから、という理由で拒むものではないし、そもそも他の国と違う必要性は全くない。
すぐにでも変えていくべきです。

これにより留学のハードルが下がるのであれば、それはとても良いことでしょ。
Jリーグのスケジュールとかも、これを機に全部タイムテーブルをグローバル化したら良いと思います。

こういうのでふと思い出すのが、日本企業のERP導入の失敗の話。
海外のEPR製品導入時にカスタマイズしまくって、コストはめちゃかかるわ、カスタマイズしたおかげでBPR出来ないわ、SIerだけが儲かるみたいなことが起きました。はい、20年前の話です。

なぜこうなったかというと、日本企業は自分たちの強みは業務プロセスにあり、それをシステムに合わせて変えるのはあり得ないと考えたからです。
そう考えるのであれば、EPRを導入することをしなければ良かったのですが、そこの流行だけは押さえたくて導入した企業が多数ありましたね。

変えるべき時にしっかりと変える、ということが日本は苦手な気がします。
この逆境をその契機にしていきたいです。
かつて,東大浜田総長が提唱して議論を呼んだ9月入学構想.
https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400004445.pdf
批判が多く,結局,抜け殻にされて,東大にはなんとなくの形だけが残っている.皮肉なことに,こんな形で復活するとは.人の命が関わるほどの圧力がかからないと改革は進まない.
9月入学への移行を求める声が高まっていますが、場当たり的で安易な移行には疑問があります。
多方面に多大な影響を与える変革になりますので、メリット・デメリットを検討すべきですし、そもそも9月入学が、現状のコロナによる休校問題、ひいては学習格差の解決になるのかは疑問が残ります。そもそも9月になったら登校できるかもわからないわけで。

私個人としては、9月入学より先に、子どもたちの学びを保障するための分散登校の開始、遠隔学習を可能とするPCやネットワーク機器の配布などを優先した方が緊急対応としては早いと思います。
これまでの4月入学の制度は残しつつ、9月入学という選択肢もより広く取りうるように各大学が対応するという一律ではない措置であれば、入試に対する緊急対応としてはアリだと考えています。

いずれにせよ、子どもたちの未来が(与野党問わず)政治的なパフォーマンスとして左右されないよう、健全な議論・検討をお願いしたいと思います。
大賛成です。

ただ、9月までに収まっているといいのですが……。