新着Pick
498Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事で述べられているようにビル・ゲイツ氏は、2015年にすでに、現在の新型ウィルス感染症のような世界的な感染症の発生を警告し、起こりうるパンデミックへの対応措置を模索する上で発言力のある人物とみなされている。エコノミスト誌の記事にあるように、米国では確かに、ゲイツ氏は一目置かれているため、この発表は吉報であると同時に現状況への恐怖をも感じさせる。https://www.economist.com/node/21784509?frsc=dg%7Ce  ゲイツ財団が新型コロナウィルスへの取り組みをリードするという発表は、歓迎するニュースだが、当然の流れともいえるだろう。ゲイツ氏は医療の進歩と新型コロナウィルスに打ち勝つ人間の精神力に期待を寄せているが、ゲイツ氏は現実的だ。現状況を歴史で例えるならば、第二次世界大戦終戦時の1945年ではなく、1942年英国がドイツ優位を覆し、終戦の一歩へとなったが、そこからさらに終戦まで3年を要した、そんな状況ではないだろうか。全人類が一丸となり、戦時中のような緊張感をもって病原菌と闘い続けることをゲイツ氏は期待している。米国がどれだけ国家防衛に予算を費やしているか、そして、今回の危機がテロなどの様々な脅威よりも多くの点で深刻であることを考えると、優先事項と将来について、全体で話し合う価値があるだろう。この新しい世界では、日本は公衆衛生の分野で大国になりうることができる。特に、日本での第2波、そして世界各国で第1波が終息し始めている今この時期に、もしゲイツ財団と協力していける団体があるのなら、日米同盟に変革をもたらす可能性があるかもしれない。
世の中には目を疑うような陰謀論があって、ビル・ゲイツ氏が「ワクチンで人口削減できる」といっているといった記事まで見つけることができます(あえてここにはリンクは貼りません)。

実際には、ビル・ゲイツ氏の活動は、まったく逆のこと、すなわちワクチンの普及に尽力されているのです(※1)。

(※1)「子どもの命を守りたい」 ビル・ゲイツが語るグローバルヘルス
https://globe.asahi.com/article/11567702

上記の「ワクチンで人口削減できる」という文言は、『子どもの病気や死亡が減ることで、多産多死でなくなるから』という言葉から来ています(※2)。

(※2)やさしい予防接種BOOK(内外出版)

新型コロナウイルス(SARS-Cov2)に対するワクチンは、12-18か月はかかると目されていますが、コストをかけることでよりスムーズな進捗を期待したいですね(※3)。

(※3)「ウイルスVS人類2 カギを握るワクチンと治療薬」
https://www.nhk.jp/p/bs1sp/ts/YMKV7LM62W/episode/te/DV6VKMK472/
「世界は数十兆ドル、数千兆円の被害をうけることは確実だ」

とのソース元にある発言のほうが重いと思う。世界GDP合計がざっくり90超ドルとして少なくとも2割またはそれ以上。日本はおろかアメリカまるっと1国分くらいはふっ飛ぶ計算。

世界がほぼすべてが何カ月にもわたるロックダウンを続けていれば当然だろう。
この記事のタイトル自体の「リソース」とあるのは少しミスリーディング、通常は資金を含めると思うので。まさか財団5兆円すべてを、と勘違いした。
慈善事業としての財団ではあるも、リソース配分の柔軟さ、結果を求める方針や財団に期限を設けていることなどインセンティブの付与の仕方を見ていると勉強になります。
国でもなく国際機関でない社会貢献の大きな潮流を担いつつあります。

下記も参考になりました。
https://www.businessinsider.jp/post-205361
長らく感染症と戦ってきた彼には、100年に一度のこの危機は、最も意義のある戦いだというのはよく分かります。スピード感といい、現場力といい、流石です。マイクロソフト時代よりリスペクト大です。

TED に出演していた時も、凄い知識量で「大統領になってくれ〜」というリスナーの声もありました。あり得ないと思いますが、気持ちわかるなぁ。
ビル・ゲイツ名はMicrosoft以上にコロナから世界を救ったという形で残るかも。本当にスゴい人だ!
まさに今のタイミングで必要なこと。
90年代は忌み嫌われ、競合模倣含めて悪の権化にも時に例えられたビル・ゲイツ氏およびMSだが、今は世界でリスペクトされリードしている。
ただお金をだすだけでなく、ポリシーが明確で、よい意味でしっかりコミットしているところが偉大な方。
医療現場の一員としてもとても心強い。
ありがとうございます、自分も自分ができることを頑張らなくては
姿勢も活動もすべてが凄い!実現してノーベル平和賞をとってほしいです。


すでにご存じの方も多いと思いますが2015年のTEDでのプレゼンは今思い返すと、未来予知をしていたかのようで、まだの方は是非ご覧ください。

もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?私たちの準備はまだ出来ていない
https://www.ted.com/talks/bill_gates_the_next_outbreak_we_re_not_ready?language=ja
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。1985年にパソコン用OSのWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。 ウィキペディア
時価総額
257 兆円

業績