新着Pick
371Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SBIと三井住友の提携でいうと、SBIR3のCordaの技術を活用したマルコポーロプロジェクトが記憶に新しいが、SBIの本丸中の本丸の証券分野での提携というとインパクトが全く異なりますね。

住信SBIネット銀行は住友信託銀行(現三井住友信託銀行)とSBIの共同出資ではありますが、ヤフーとの業務提携を発表するなど、ソフトバンクとの連携を深めていく雰囲気を出していた中での三井住友銀行は意外でした。

Yahoo!とLINEの統合の裏で、ヤフーと近い三井住友銀行とSB・LINEと近いみずほ銀行がどう動くのか、そしてSBIと野村が証券分野でどう絡んでくるのかが気になりますね。
新たに登場する「金融サービス仲介業」というデジタル金融の枠組みは、既存の縦割りの金融ビジネスを確実に壊していくと思う。新しい枠組みはデジタル限定の縛りがあって、既存の金融機関には影響が少ないという識者もあるが、さにあらず。
これから金融はデジタルが主戦場になり、対面型の営業や店舗へ顧客が出向いて行う取引はあっという間に過去のものになる。今回のコロナは、その動きを一気に加速させる突風となる考えるべき。しかも、コロナの感染は世界的で、かなり長引くと考えるべきで、逃げ場はないし、一時的なものではない。
そこでは、金融のプレーヤーが大幅に入れ替わると考えるのが当たり前で、レガシーを背負ったプレーヤーが勝ち抜いていくことは限りなく難しい。
「金融サービス仲介業」をビジネスの中軸に据え、デジタル化をデフォルトに位置付けたビジネスを確立し、ユーザーに浸透することができるか、SMBC&SBIにとっても容易なことではない。新しい枠組みでの競争はユーザー目線からは大いに歓迎すべきことであり、彼らがどんな闘いを挑むか、がどこまで踏み込んでいけるか、に注目したい。

ご参考に、Newspicksで「2019年大予測 デジタライゼーションが変える金融の金融の近未来」(拙稿)を貼っておく。当時書いたことは、今まさに起こっていると思う。
https://newspicks.com/news/3565623/body/?ref=search
両行は送金アプリのマネータップや今年1月には貿易金融におけるブロックチェーンの活用についても協業を発表していて、フィンテック分野で戦略を打ち出している。金融機関が人員削減を進める中、コロナの影響もあり、スマホでの取引には弾みがつくだろう。
(色々と提携の話があるが、邦銀にいた時も色々と業務提携を見てきたがお金出していないものはそれほど真剣ではないとも言える)

SBIは地銀との連携を中心とした第四のメガバンク構想を打ち出していたが、コロナをきっかけにリモートワークがメジャーになり都市集中が見直されれば地方創生の観点からも存在感を出していけるのではないだろうか。

人員削減×リモートワーク=地方創生×フィンテック

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55020130Q0A130C2EE9000/
私はSBIはSB KKと連携を深める、その背後にいるみずほとの距離を詰めるのかと思っていましたが、実はもっと全方位。しかも三井住友信託銀行ではないとは。SBIはできるだけ多くの顧客をプラットフォームに載せたいのですね。銀行は利鞘を、証券は手数料が極めて薄くなっており、口座数をどれだけ抱え込めるのかの勝負なのでしょう。
 しかし最終的には非金融手数料以外の収入源であるECポイントなどとの連携までしないと泳ぎきれないと思います。早晩SBKKとの新たな動きがあると予想します。(あまり深く考えておりません、あしからず)。
『まず三井住友FGが6月中をメドにスマホ専業のSBIネオモバイル証券(東京・港)の発行済み株式数の20%を取得する。投資額は数十億円の見通し。』

すごい提携だと思ったらSBI証券ではなく、SBIネオ証券。話題性はあるけれど実態はどうなんだろうな。
SBIは、地銀連合をつくって第4のメガバンク構想を打ち出していました。

ここでスマホ決済サービスで三井住友FGと提携というのは、路線としてどうなのでしょう?

柔軟な対応と考えることもできますが、地方の殿様のような地銀にとっては「面白くない話」にならないとも限りません。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」
にならなければいいのですが・・・。
先日はレオスの過半の株式取得という話があったが、これまでの地銀戦略に加えて、運用・スマホ(デジタル金融)と全方位の提携。
SMFGは傘下にSMBC日興を抱えているなかで、この動きの影響がなにかあるか?
https://newspicks.com/news/4775955
SBIは、2000年頃に出発した会社だが、
ここまで来たことに感慨を感じる。
素晴らしい。

「三井住友がSBI傘下のスマホ専業証券に出資するほか、SBIが設けるデジタル分野の企業に投資する1000億円規模の新ファンドにも出資する。」
ついにSBIがメガバンクになるのか。「両社は将来的に本体の資本提携も視野に一段と連携を深める考えだ。週内にも基本合意する。」

北尾さんすごいですね。
金融×金融の組み合わせですね。両社がどこまで本気で続けられるか。早いタイミングでの効果が求められそう。
SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
5,046 億円

業績

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(みついすみともフィナンシャルグループ、英語: Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc.)は、三井住友銀行(SMBC、都市銀行)、三井住友ファイナンス&リース 、SMBC信託銀行 、三井住友カード(クレジットカード会社)、日本総合研究所、SMBC日興証券を傘下に置く金融持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.09 兆円

業績