新着Pick
433Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
予想通りです。これを追加緩和として報じてくれるのですから有難い話です。

別記事のコメントでも述べましたが、80兆円はリフレ委員への「お気遣い」として残っていたものであり、言葉は悪いですがその始末には難渋している状況が続いてきました。既に年間購入額が10兆円ペースまで落ちていたので、70兆円も「量」の次元では膨らませることが可能な体勢にあったというのが従前の状況です。

ここで「無制限」のコンセプトと共に80兆円を葬り去ることができたというのは、事務方の優秀な仕事だと思います。80兆円は形骸化してはいましたが、これがあることで将来的にBM残高を削ることに矛盾が発生するという障害がありましたので、ここでやっとすっきりしました。

二義的な理由として「Fedは無制限なのに日銀はけしからん」という安直な発想(とはいえ無視できない勢力)をけん制する所作としてもワークするということでナイスな一手であったと評価して良いでしょう。
ほぼ想定の範囲内ですが、FRBが地方債やジャンク債購入まで踏み込んでますので、まだ踏み込む余地があるとの見方もできますね。
逆に言えば、まだFRBはETF買ってませんから、やるやらないは別にして、FRBにも政策の余地があるとも言えなくもないですが。
コロナ以降の金融緩和は、事実上の為替政策から企業の資金繰り支援策に衣替えしていると思いますが、為替市場的にはやや不満だったのか円高に振れてますね。
結局のところ、政府がコロナ対策としてお金をばらまく時に発行する赤字国債は無制限に購入するとの宣言で、これはヘリコプターで上空から国中に紙幣を撒くような「ヘリコプター・マネー」政策を宣言したのと同じで、アベノミクスの初期から少なくない専門家が期待していた経済政策が、コロナ対策の名の下に実現することになったという次第です。まぁ、アベノマスクよりこういうアベノミクスの強化の方が、国民には喜ばれるから、結果オーライだとは思いますけど、緊急事態宣言の時に併せて、かつもっと早く発表してほしかったと感じてしまうのは欲張り過ぎでしょうか?
追記:信用保証の下りは地銀への配慮なのかな?

発表されましたね。たしかに米FRBの二番煎じ感は否めないし、社債市場も相対的に小さい日本です。しかし、午前のマーケットの動きを見るに、実態経済への影響という視点では好感されている印象です
日銀の国債買い入れ額は既に大きく減少し、年間80兆円の国債買い入れ枠は既に形骸化しています。行済み国債の半分近くを買い占めた日銀が再び80兆円ペースで国債を買えば、政府が日銀引き受けでどんどん国債を出すようなことが無い限り、遠からず買える国債が無くなります。取り払うべきという声もあった買入れ上限を残して来たのは、これを取り払うと日銀が緩和の出口を探り始めたと受け取られかねないというのが内心の理由だったはず。今回は、上限なしに買う体制をつくるためとの説明で取り払ったわけですね、たぶん。
日銀が毎年80兆円以上の国債を再び買い続けることが起きたら、その時は日本経済が相当危うい状況になっているように感じます。そういう意味で「国債買い入れ上限撤廃」は象徴的な意味しかなさそうです。バランシートが膨らみ過ぎて緩和に限界がある日銀が、企業の資金繰り対策等の“実弾”にどこまで踏み込むことができたのか。「経済、物価の見通し」と併せ、説明が待たれます。
ノーサプライズ。コメント不変です。
https://newspicks.com/news/4854779/
判断に迷うことはコメントすべきではないと思うので、正直、ムムムとしか言えません。

でも現総裁だからーちと遅いぜてな批判はあるでしょうがー可能だったのかな、副総裁以下も肝が据わっているのかな、という印象はありますね。

危機時は理屈ではない部分があるのと、いわゆる「何とかマインド」が経済活動の大きな源泉になっていることは間違いないし。単に数量計算だけでは出てこないsomethingがあるのが人間の営む経済活動ですからね。

でもそうは言っても財政ファイナンスはこれを最後にしたいですね。私たちの孫、子が悲惨な目に会うことになるので。
細かな点で前進を感じます。第一に企業支援特別オペ対象に系統機関が追加されたこと(中小機関の取引先零細企業にもお金が届く)、第二に同オペ活用残高に応じた日銀当座預金残高に+0.1%付利(貸すインセンティブを強める)。

更に一歩進めるなら、CLO買い取りなどを通じた中小零細向け与信リスクの負担があれば、思い切った感が出てくると思います。
買いオペの金融政策とばら撒き財政政策を徹底的にやる。これが真のアベノミクスと言える状況です。ここまでやるとインフレになるところが、デフレも急加速している中で、均衡にもっていければ御の字という状況です。為替も世界同時金融緩和という前代未聞の状況ですので、円だけが動くとは思えません。まずは国民生活第一で大胆な政策を打っていただきたい。
もうちょっと早く決定してもらえれば。
キャッシュアウトで、ギリギリの人が助かる余地があったのだが、
連休挟んで下々に金融緩和ムードと施策が、降りて来るのは2週間以上先。キツイ日々が続きます。