新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
状況を考えると決して驚かない。

すでにコロナウイルスの感染拡大の影響を受けて世界中での原油への需要が下がる中、OPEC Plusでの協調減産をもってしても、供給余剰を埋めることはできず、貯蔵量の限界が来ている。WTIの5月物で初のマイナスを記録した影響を受けて、6月物も価格の下落が進んでいるが、このままいくと、原油国の財政破綻が連鎖的に起こる可能性が高くなる。アメリカのシェール企業もさらに倒産やデフォルトが相次ぐだろう。そして、そこで生まれたネガティブな心理は、さらにマーケットを押し下げ、その影響は新興国通貨のさらなる下落と信用不安へとつながり、過去に例を見ないようなデフォルトの嵐が訪れるかもしれない。

詳しくは、https://www.mag2.com/m/0001682898.htmlをお読みください。
産油国のなかで原油の需給調整役を積極的に担ってきたがサウジアラビアですが、OPECプラスワンの減産交渉がロシアの抵抗で決裂するや否や、需給調整の役割を完全に放棄して大幅な増産に乗り出しました。原油価格の暴落を前にOPECが纏まって漸く新たな減産合意は成立したものの、このままではサウジアラビアは原油価格暴落の“主犯”と擬せられて原油市場での信頼を失いかねません。積極的に減産を進めることで市場の信頼を取り戻し、原油市場のリード役としての地位を守るという意思表示でもあるように感じます。
そもそもサウジのタンクもいっぱいになってしまうのでは。
もう減産が決まった今、期限まで延ばして、安値で売ったり世の中の貯蔵庫を溢れさせても意味がない。
OPECプラスの合意では5月1日に協調減産をスタートさせるということでしたが、これに先駆けて既にサウジアラムコが減産を開始したとのこと。
「関係者によると、アラムコは5月1日の少し前に日量850万バレルの目標水準に削減する公算が大きい」
こういうニュースが流れても原油価格は下がっている…
原油安は日本にとって恵みの雨。
たとえ焼け石に水てあっても日本全体としてはプラス。