新着Pick
433Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現金が衛生的に汚いというのは、ペイメント業界の人間にはよく知られた話です。昔、大手カードブランドがCash is a dirtyなんていうキャンペーンをやっていたのが懐かしいですね。

少し古い記事ですが、こんなレポートもあります。
https://newsroom.mastercard.com/eu/press-releases/dirty-cash/

ただ、余程のきれい好きの方でない限り現金にどのくらいの細菌がついているのかなんていうことは気にしていないのではないかなと思います。しかし、COVID-19が猛威を振るう中、非接触の決済手段の安全性が見直されてきたという事です。

日本でキャッシュレス決済というと、プラスチックカードによる決済も含まれますが、現金と比べると不特定多数の方に触れられる機会が少ないので衛生的といえますが、リスクをより低減したいのであれば、可能な限り非接触の決済手段を選択したいですね。
現金のやり取り自体を本当にやめたいですね。
利便性ということだけもそうですが、感染リスクに加えて、そもそもの偽造リスクなど現金の良さは本当に無くなってきていると思います。

ブロックチェーンなどの技術によって、紙幣というものがなくなるとまた大きな転換点が訪れそうに思います。
オンライン決済進んでほしい…まだまだ現金お店多いなと感じます。
今テイクアウトしていても感じる…

キャッシュレスの方が便利なので使いましょう!
シンガポールでは、現金の受け取りを拒否すると明記する小売店が増えてきている。自分のスマホで全て完結する方がコロナに限らず衛生的なの間違い無いし、シンガポールの生活では今年に入ってから子供のお小遣いを渡す以外に現金に一度も触れてない
親しくしている海外の超大手金融システムソリューション会社は、コロナ禍の中でも、商売繁盛だとのことですから、きっとそうなのでしょうね。

ただ、ここでいうテック大手に入ってくる日本企業は、JCBくらいでしょうか?
→入らないかもしれません。

日本のように決済ネットワークの参入障壁が高く、銀行システムとのAPI連携が遅れてしまうと、一旦、どこかでガラガラポンしないと、グローバルスタンダードに追いつけないかもしれません。

ちなみに参入障壁とは、説明サイトが日本語しか無いとか、そういうレベルも含まれます。Cafisは一時期よりだいぶマシになりましたが…
資金決済法は、意外にも英語版が充実しています。
一般に現金の主な欠点は、(1)処理の高コスト、(2)不正の温床、(3)不衛生、の三点だったが、(3)がにわかに注目されるようになった。確かに、現金は、汚いと思うと、かなり汚い。
自宅に篭る人たちのオンライン注文は確かに増加しています。汚れた現金からキャッシュレスへという動きは確実に習慣化しています。

グーグルがデビットカードの発行を準備しているということがリークされましたが、アップルへの対抗策という意味合いが強い。アップルはクレジットカードを発行している。クレジットカードは審査が必要。でも、デビットカードは審査なしで誰でももてる。

デビットカードには通常インセンティブがつかないのですが、きっとグーグルはつけてくるでしょうね。カードはあくまで情報収集の手段。本業でしっかり儲けていますから。

銀行より条件のいいテック大手の存在感は、今後ますます大きくなるでしょう。日本は携帯キャリアの存在感が強まりそうです。
キャッシュレス決済と言っても、クレジットカードを使うと「カードを渡す」というプロセスで他者との接触があるので、「ノー・コンタクト」ではなくなります。(最近のタッチ決済ができるクレジットカードは別ですが)

そういった意味では、今はApple Payが非接触なので有利ですよね。今後Googleやamazonが銀行業も含めて進出してくると考えています。

決済の部分は、個人のお金の流れを完全に把握できるので、テックジャイアントたちとしては、どうしても押さえたいところですから。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
今回の新型コロナで人々の生活は大きく変わる。

経済の分野では、なんと言っても「貨幣」と人類の関係だ。

これまで手にすると安心できるものだった「現金」が近くに
置きたくないものの代表になる。

貨幣は物理的に持つものではない、電子的に保有するものになる。

コンビニでも、電車の乗車券でも、タクシーの支払いでも、すでに
キャッシュレス、特に非接触型の決済手段がどんどん主流になってきて、
その勢いは加速していく。
キャッシュレス対応の遅れた個人タクシーなどは、最も避けられるべきもの
の一つになっていると感じる。

ことほど左様に、人の気持ちは変わりやすいもの。
それだけのことが今起こっていると事態を受け止めるべきだろう。
少し前まで、「日本人はやっぱり現金」だとうそぶいていた方々はどう感じているだろうか?

この事態に、既存の銀行などの金融プレーヤーが「順応努力」以上の向き合い方ができるか。テクノロジー主導の考え方がメインストリームにならなければ、消極的な対応以上のものは期待できないと思う。新しい金融のプレーヤーは、非金融分野から出てくる。もうその兆しはあちこちに出てきている。
兆しは、現実となり、変化はさらに加速する。そう思わざるを得ない。
米国でもコロナの影響で、キャッシュをなるだけ使わない方向になっています。キャッシュでの支払いを受け付けなく、クレジットカードやApple Payのみ受け付けている店舗が多いです。