新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
HIsenseは以前にもE Inkスマートフォンを発売していたけど、新機種はカラーE Inkで、タブレットには反射型液晶を搭載。かなり独自な路線で攻めているなと思う。

タブレットにカラーE Inkを搭載しなかったのは、小型の電子書籍端末として、長時間動作するスマートフォンとしての役割も持たせる為でしょうか。

個人的に気になるのはHisense Q5のほう。反射型液晶を搭載したのは、モノクロE Inkが主流の電子書籍リーダーに対する、違ったアプローチでの提案なのかもしれない。リフレッシュが無く、動作が滑らかであり、白黒だが普通に動画を視聴出来るといった点ではE Inkよりも優れている。
公式サイトにも動作時間の記載は無いですが、E Inkよりは短いものの、一般的な透過型液晶よりは長くなりそう。暗い場所で利用するためのフロントライトの有無、半透過型かもスペックの記載は無い。

JDIがカラーの反射型液晶を開発してみたいだけど、最近の携帯端末で採用された事例は見当たらない。個体反射ディスプレイの開発もされていた。その後の進捗はどうなったのだろう。
反射型ディスプレイとE Inkが、液晶や有機EL、将来のMicroLEDの規模を超える事は恐らく無いでしょう。ただ、ある部分に特化した少ない需要に応えるには必要なのかもと、Hisenseの発表を見て思いました。

『反射型ディスプレイの画期的な技術革新:カラー動画再生 - 独断偏見妄言録 China's Threat』
https://blog.goo.ne.jp/stopchina/e/c0a6417e77ade010d47b3f0e967e6e33