新着Pick
429Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「Quibi独自の機能「Turnstyle」」について一言。

画像を縦横比を変えて非線形にリサイズすることをretargetingと呼びます。簡単なのは一部を切り取ったりすること。Turnstyleはこの切り取りをなるべくうまくやろうとする手法だと推察します。

一方、研究レベルでは様々なものが提案されていて、下記はSIGGRAPH 2008で発表された手法。ちなみに、静止画でよければPhotoshopにはContent Aware Scalingという名前で同機能が実装されています。

Improved Seam Carving for Video Retargeting
https://www.youtube.com/watch?v=AJtE8afwJEg

我々もこの問題にトライして、結構短い処理時間でできるものを提案しています。

Ryosuke Furuta, Ikuko Tsubaki, and Toshihiko Yamasaki, “Fast Volume Seam Carving with Multi-pass Dynamic Programming,” IEEE Transactions on Circuits and Systems for Video Technology (TCSVT), Volume 28, Issue 5, pp. 1087-1101, May 2018.

また、最近は広告を様々な解像度を持つ端末に表示をしたいとの要請からGoogleも精力的に研究をしているようです。
世界的に外出自粛が続く中で、YouTubeの再生時間も増えていると言われている。巣篭もり消費の中でも動画の視聴に費やされる時間が増えている中で、2時間ではなく、短編の需要が高まることは当然かもしれない。
映画(2時間)→TV(1時間)→Youtube(数分)→Tiktok(15秒)

と短縮されてきた(待てなくなってきた)動画業界に新たな挑戦ですね。

簡単にはいかないとは思いますが、やっている人が大物だけに、大化けする可能性もあると思います。

人間の視野角とは違う縦長画面の意義を上手に引き出せたら勝てるかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
>短編動画とスマホオンリーで差別化

SNSで忙しい現代人の行動にマッチしているのかもしれません。
送られてきたLINEにすぐに返信しないと怒る人がいて、驚いた経験があります。

私は、読書等に集中するためスマホの音声通知機能をすべて解除しています。

四六時中スマホに追い回されている人たち(追い回している人たち)が、意外に多いのに驚かされます。

そういう人たちにとっては、短編はとても便利。
連絡の合間に視聴することができますから(^_^;)

業績