新着Pick
373Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オリジナルで海チョコボやルビーウエポンまでやり込んだモノですが、今は小学生の息子と一緒にのんびりと楽しんでいます。
今作の感想はリメイクというより完全新作と言ってもいいほどの完成度で、単にグラフィックスが向上しただけでなく設定やストーリー、そして一人一人のキャラに親近感が湧くくらい細部が徹底的に作り込まれています。

そして何より驚くのがリメイクと言いながら明らかにストーリーラインが変わっていること。
オリジナルでは死んだはずのキャラが生きていたり、セフィロスとクラウドの関係や、その行動の目的にも新たな意味がなされていたり、そして運命の改変を示唆する新たな謎の敵が登場したりしています。

つまり、きっとあのキャラも生きのびるルートができるってことですよね。

私のように前作をやり込んだ人間も、全くはじめてのプレーヤーも両方納得できるはずの、久々のJRPGの傑作だと思います。
NPでFF7についてコメントする日が来るとは。
興味ないね、とは真逆で、とても興味深いです。

とにかく皆さん遊んでみてほしいのですが、めちゃ良くできてます。歩いてるだけでも楽しいレベル。特に原作を遊んでる方はやらないのは大損というほど、原作をより深く理解しつつ、完全に新しいストーリーを楽しめてるような、既視感あるはずのストーリーなのに、体験は既視感がないという、大変不思議なゲームです。

戦闘が苦手な方向けにはイージーモードや、昔ながらのコマンドバトルにできるクラシックモードもあり、ゲーム初心者にも優しい設計です。

個人的には原作から推してたジェシーがですね(長くなるので割愛
最高でしたね。
原作のプロトを忠実に残しつつ、細かい設定や遊び要素を加えた感じ。分作も、引き伸ばしてるというよりは楽しみが先延ばしになるポジティブな印象を持ってます。個人的に、ドン・コルネオのシーンは背景の『ぷう』といい、元の7のイメージ通りでしたね。ほひ〜!
21年前のバイオハザード 3のリメイクが発売5日で200万本出荷。リリースには200万本販売、ダウンロード版の販売割合が50%との記述もある。ダウンロード版を合算した数値かは不明。取りあえず、今のところは好調な出足と思われます。
22年前のバイオハザード 2のリメイクは650万本の販売。半年前から70万本くらい増えている。

続編の発売時期は分かりませんが、続編の発表と、その評価によっては、前作の販売を後押しする効果も期待出来そう。

『株式会社カプコン | シリーズ最新作『バイオハザード RE:3』が発売5日で200万本を出荷 -』
http://www.capcom.co.jp/ir/news/html/200413.html
そういえば、コロナによる店舗休業を

「本日、店主はミッドガルへ旅立ちます。
無事帰還したら、また開店いたします。」

という下げ札で告知したユニークな整体院が、話題になってましたね。

↓元記事
https://news.nicovideo.jp/watch/nw7029223
ゲームを買うかどうか未定なのですが、とりあえずサントラは買います。
https://www.jp.square-enix.com/music/sem/page/FF7R/ost/
一番思い出に残ってるFFは、やはりこのⅦ。
PSでのムービーは衝撃的だった。

マテリアシステムも秀逸だったな。
FF7 リメーク、出荷数は3日間で350万本と好調なスタート。国内も100万本。批判もあったけど結果は大成功!グラフィックも最高で見応えは抜群
いまハードモード2週目です。
今のところ私の中で、100点満点で5000点くらいの評価です。

ハードモードになると戦闘がより楽しくなります。実はノーマルではアクション要素はそこまで重要ではないですが、ハードになるとアクション要素でもうまく立ち回らないと中々厳しい。あとマテリア育成など、オリジナルにあったやりこみ感覚が再現されています。

それはそうと、FFでは発売の度にボロクソに叩かれてきたスクエニですが、FF7Rで完全に汚名返上ですね。FF15の失敗から、FF7Rに私はなにも期待していなかったです(笑)

個人的には批判されまくったFF13の要素が、いい感じに移植されてるなと感じました。マップ移動時のロード無し、戦闘のバーストゲージ、批判されまくった一本道も今回はあまりストレスに感じない。

なお、記事にはかかれていませんでしたが、今回のリメイクでは、あえての原作レイプに挑んでいるという見方があります。それは多くのプレイヤーにとっては望まれる話。公式のCM動画での「エアリス○○ルート」の示唆もありましたし、作中でも至るところで伏線が感じられます。(特に後半にいくほど) これだけ魅力的なエアリスですから、頼みます。次回作。
グラフィックには開いた口が塞がらないほど美しく、CGとリアルは近似になってます。2周目に取りかかってますがやり込み要素も高くクリア後もたっぷり楽しめます。武器は最強になりましたが召喚マテリアがなかなか集まらず、それも楽しいものです。強くお薦めします。
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス(英語: SQUARE ENIX HOLDINGS CO., LTD.)は、東京都新宿区に本社を置く、スクウェア・エニックスグループを統括する持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
7,119 億円

業績