新着Pick
787Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
テクノロジーを人道支援のために使う今の時代、世界の課題解決のスピードが上がっている。世界をより良くしていくために必要なのは、社会にバリューを提供出来るスキル、他者への想像力、そして思いを行動に移す行動力。
一昔前は国際協力と言えば、国際機関に入ることがスケールの上で大きなインパクトを出せる場だと信じられてきた。国際機関に入るためには学歴も必要、組織の中での政治力も必要、何より国際機関のアジェンダは資金を出している、そして第二次世界大戦に勝利した国々の価値観に従うことが必要だった。
今、権力構造がガラリと変わってきている。既存の権力の中で、設定されたルールに乗ってプレイする必要はもはやない。


巨万の富を稼いだゲイツ氏が行き着いた、人道支援。テクノロジーを使ってアフリカなどの貧困や感染症を撲滅するため、知恵、時間、資金を出していますが、その彼がもしかしたら人生がもう一度あったら、ウィリアムのように生きたい、と思っているのかもしれません。

インタビューでは、自分のミッションは何か、この地球に人として生まれた理由は何かということをウィリアムが強く感じていることが伝わってきました。

今の新型コロナの影響で、海外渡航が禁止されていることは彼の活動にも大きな影響を及ぼしています。人と人が顔を合わせることで生まれる信頼を築くのが一番難しいそうです。ただ、その中でもQEDが開発するScan Formなどは医療現場で需要が拡大しています。テクノロジーの力でいかにこの難極を乗り切れるのか、ということも試されています。

ビル・ゲイツ氏がブログの中で、「テックスキルの素晴らしい使い道」として紹介しているのがウィリアムの活動はこちらから。

https://www.gatesnotes.com/Development/William-Wu-changed-his-career-to-help-the-poor
今生、この世に遣わされた意味は何か?を考えて生きる。
仕事はその一部、です。

ビルゲイツやウーさんはテクノロジーのギフトを駆使した人道支援、発展途上国の問題解決。
テクノロジーのギフトを持って生まれたひとが人道支援に使命感を持つと破壊的なパワーを発揮する。

じゃあ自分のギフトは何か? 明るく物怖じしない性格
そのギフトを使って何をやる? 誰かが言わなくてはならないことをはっきりいい、物事を前進させる、その場を明るくする、困っている人に手を差し伸べる。

ビルゲイツやウーさんの100000000分の1くらいのインパクトでもわりかし使命感持っていきてます。

一人一人にギフトはあり使命感に基づき出来ることをやることで世の中好転する。みんなで同じことをやらなくていい。
ギフトを駆使しない適当な暮らし適当な仕事に甘えると組織も社会も腐敗する。
人はみんな違う、違いを駆使するから進化する。
ダイバーシティってそういうこと。
とても素晴らしい取り組みですね。でもこれを読んで、“さあ、今から自分も社会的活動を!“と考える必要も、自分は何もできていないと落ち込む必要もありません。

彼にとっての“天啓“がシリコンバレーやNASAではなく、アフリカ旅行でもたらされた様に天啓はいつどこで降りてくるのか全くわかりません。

この記事から読み取るべきことは、そのタイミングはいつ来るかわからないということ、そのタイミングがいつなのかを心配することは意味のないこと、そしてもし天啓を受けたとしたら迷わず飛び込むこと。
だと思います。 

そして多くの人は天啓は受けなくても、天啓を受けている人を支えるということ、その成果を享受することで世の中は成り立っています。
「甘やかされるエンジニア」という言葉がとても印象的。
エンジニアに限らず、歴史は繰り返されると思う。レバレッジが効く仕事はインパクトが大きいから、利益も給与も大きくなりがち。それが当たり前となっていく中で、収入・環境が目的化するのも現実。金融などもそういう歴史を経てきた。
一方で、レバレッジが効き、資金があるからこそ、その領域が加速度的に成長する。黎明期の、事業の根源的なミッションや「好き」で動く原理主義的な良さもあるが、世の中へのインパクトという点では物量も必要だし、それは様々な目的・趣向性の違いを包含する多様性も必要。

ただ、そこで経験や資金を得た後に、こうやって飛び出してそれを違う形で活用していくリスクを取っていく人が生まれていくことも、とても重要。

『大学を出て、何の仕事の経験をしていなくてもGoogleなどでいとも簡単に1000万円ほどが稼げてしまう。エンジニアもこういう中で、ある意味「甘やかされてきた」とも言えるでしょう。』
ビジョンがある人はちがう。そう思わずにはいられないレポートです。今日のNPオリジナルで紹介された「世界史の針が巻き戻るとき」のキーワード「モラリティの資本主義」がピンときました。

QEDでは10本のプロジェクトが同時並行で進んでいます。ひとつでも大変なのに、よくこれだけものもを推進しているなと。奥さんとの協業だからなのでしょうか。プロジェクトが相互に関連しているからなのでしょうか。とにかく驚きです。しかもコストをできるだけかけずに。

地球のために役立ちたい。そういう強い熱量を感じます。
大変感銘を受けました。洪さん、すばらしい記事をありがとうございました。
すばらしい人を見つけてきますね。まさにピンポイントです。

ここにも書かれていますが、アフリカにいくと、普段とは全く違うレベルの本質的なペインポイントが実感できて、もう後戻りできなくなってしまうのでしょうね。(良い意味でです)

アフリカのペインポイントに比べれば、我々の日常の世界には、細かいものしかないのかもしれません。

いろいろなリスクはありますが、一度、アフリカの土を踏まないといけませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
備忘録:日本では、使命を感じて仕事をしている人が少ない。人気のIT企業、金融業界、コンサルティング会社では何の仕事の経験をしていなくても、いとも簡単に1000万円ほどが稼げてしまうのは、ある意味甘やかされてきている。一人でも多くの若者が、使命について考え、行動を起こしてほしいと願っています。早い段階で、哲学や倫理の授業などを利用し、いかに自分たちのスキルが様々な分野で使えるのか、そして持続可能な世界を目指していけるのかを教えるべき。
下記の部分は組織の運営に関わる人は社員の持つこういう想いを大切にせねばですね。/NASAを出たのは、巨大テック企業に行きたいということが理由ではありませんでした。私はもっと自分がちゃんと問題を解決しているという感覚が持てることがやりたかった
スタンフォードで機械工学博士からNASA行って、NASA辞めて引くて数多だったろうけど、特にシリコンバレーの巨大テック企業にいくつもりはなくて、自分がちゃんと問題を解決しているという感覚が欲しかった。

めちゃくちゃかっこいい。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。1985年にパソコン用OSのWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。 ウィキペディア
時価総額
208 兆円

業績