新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
検査は、必要に応じて行うものであって、
検査数に『目標』を設定すること自体が違和感ですが、

いずれにしても、症状があって検査が必要と判断される症例はちゃんと検査を受けられるようになるべきではあります。

検査する人は防護服を着て、、と、決して気軽にささっとできる検査ではないので、ドライブスルー方式はよい取り組みと思います。
ドライブスルーやウォークスルー方式の検査は、国外でも先んじて取り入れられている方法で、検査数を増やすのに理に適った方法と思います。

しかし、「検査実施、目標の4割」というタイトルはどうかと思います。目標は「検査能力」に対して立てられたものであり、実施件数は状況により変わります。そこに目標はなく、あくまで結果です。

もちろん、「検査能力」の目標は高く設定しておくべきことに異論はありません。
保健所の業務負担の軽減につながることを切に願っています。
陽性者が検出された場合の追跡フォロー、特に自宅待機となってしまった方への安否確認などは保健所業務なのでしょうか。だとすると業務は更に拡大することもあります。そういった実務業務は医療、介護側を柔軟に連携をとり行うべきでしょう。本来の保健所業務へ戻っていただきたいと感じています。
目標は1日2万件。ドライブスルー方式により、気に症状がある人が検査を受けられるようになるといいですね。