新着Pick
159Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
数百万社と取引をしている広告プラットフォームでは物理的なチェックはかなり難しいので、今もテクノロジーを活用して不正対応しているわけだけど抜け穴は多い。これは会社の話なので身元証明は当然の話だけど、本当は1ユーザー毎もプライバシーを全て公開していかないと不正(フェイク)は防げない。この先はプライバシーと利便性、どちらを選ぶかになってくるだろうね。
当然だと思います。反社会勢力チェックなどもなされていない。普通のBtoB取引なら当然必要になります。
"企業は登記書類を提出して登記国を証明する必要がある"
みなさんおっしゃっていることだけど当然のこと。
ネット上広告が氾濫する中正しい情報を届けるためにも必ず必要。

悪用排除のみならず広告主側の自覚ある情報提供を促す上でも重要なことである。
やっとネット広告にもリテラシーが出てきたということで良い風潮ではないかと思います。ジャーナリズムの考え方はネットメディアでも大切ではないでしょうか?
今までがダメだったのだと思います。
今までは、身元確認や企業の確認をすることなく広告を出していたのですか!

ネット広告はインパクトが強いので、悪用されると極めて危険です。

日本でも早急に対処すべきです!!
広告主の本人確認を行うということだが、本当のイシューはこれがどの程度なりすましを防止することができるのかだ。デジタルIDに関するNISTの議論を引くまでもなく、本人確認には様々なレベルがある。
本人確認のレベルが低位のものであれば、単に「やったことにする」という程度のものに終わることになり、おかしな広告主を適切に排除することができないことは明らか。従い、この施策に対する評価は、具体的にどのレベルでなりすましを防止するものなのかについて、国際的に認知されている標準に照らして査定した上でないとなんとも言えないということになる。
暗号資産の世界でも、あやしい広告が目について、取引所が各社コンプライアンス面の向上を何の為に頑張ってるかわからないほど、一般消費者の元に届いてしまってるんだろうな、と思っていた時期もあったので、他の業界のネット広告にも同様にそういう面々がいるのだろうな、と推測しました。当然の流れだと思います。
透明性の話は今後プラットフォーマーにとっては大きなテーマになる動きです。この兆候はGoogleなどテック大手が次のステップに移り始めた証拠で、日本からもこの流れに乗っていきたいですね。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
136 兆円

業績