新着Pick

日本に伝わっていないテスラの圧倒的な「ユーザー視点からみた価値」:「価値」の土俵をここまで変えている、さまざまな業界ディスラプションの予兆を見逃すな!

www.canon-igs.org
日本に伝わっていないテスラの圧倒的な「ユーザー視点からみた価値」:「価値」の土俵をここまで変えている、さまざまな業界ディスラプションの予兆を見逃すな!のページです。キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は政治、経済、環境、社会情勢に関する調査・分析・研究、および政策研究・提言を行うシンクタンクです。今後の日本と世界の発展に寄与することを目指しています。
59Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
その通りだと思ってます。
クルマという製品のあり方を根本から変えるイノベーションという意味で右に出るものは無い。
それは間違いないでしょう。

それが実現できたのはいくつかの要素がありますよね。

1つは良くも悪くも自動車開発にアジャイルライクな方法を用いていること。最初の段階で要件定義から仕様詳細まで検討した上で開発スタートの一般的なウォーターフォールではなく、粗々の要件のみで開発スタートさせて詳細仕様は随時決めていくアジャイルライクな方式。

アジャイルではなくアジャイルライクと敢えて書いたのは、もはやアジャイル開発のメソッドにすら従ってない様に見えるから。
多くの人が誤解してますが、ウォーターフォールもアジャイルも、要件が同じなら最終的なアウトプットは同じ。途中のプロセスが異なるだけ。ただ、開発対象によって得手不得手がある。
比較的仕様変更に対応しやすい製品はアジャイルの方が効率いいかも知れないし、仕様変更しにくい製品はウォーターフォールがいい。

で、自動車はウォーターフォール以外に選択肢って無いんですよ。まぁトータルで見たら細かいウォーターフォールの組合せで、それぞれ変更はあったりしますが。
何せサプライチェーンと生産要件も考えないとですから。簡単に予定変更できない。

テスラはここにメスを入れてる感じなんですよね。
最初に大ボラの要件を吹いておいて、開発はそこに向かってベストエフォートなら何しても良い、みたいな。
コロコロ予定変わるから、サプライチェーンは最小限にしなきゃだし、なんならテスラ自社ですべてやりたいくらい。

既にテスラは世界一の垂直統合型自動車メーカーですが、それはこの開発プロセスならマストなんですよね。

で、こんなのは自動車メーカーとして奇跡としか言いようがないんですが、そこはイーロンのホラ吹きと資金調達によって実現したわけで、スゴい事なんですよね。絶対他の会社はマネできない。

結果として開発スピードは異常に速く効率がいい。

もちろん弊害はあるでしょう。
詳細要件はスクラムマスターおよびその上司が即断即決で進めていく訳ですから、それが正しいかどうかは未知数。恐らく自動車開発経験者を配置してチェックしてるんでしょうけど。

テスラは意外にコンベンショナルな部品も使ってるので、その辺りを締めてる方もいるんだろうなぁと。

あ、千文字だ。
Teslaの本当の価値を理解されたい方には超オススメの記事です。

「へぇ、誰が書いたのかな?ホントにTeslaのこと分かっているいるのかな」...と思ってリンクをクリックして驚きました!なんと、スタフォード大学の櫛田先生が書かれた記事でした。

いつも、プレゼンの時には、超濃密な内容なのですが、この記事も、たぶん普段web記事を読み慣れている方々には「濃い!」と思われる情報密度と見た目の密度(!)ですね。

長文で、中身も濃いですが、Teslaを所有されていない日本の専門家のみなさんが見る視点とは、全く違う視点で書かれているので、「Teslaの本当の価値」の一端を理解できると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません