新着Pick

東大生がやっている「本を10倍ラクに読む」技術

東洋経済オンライン
「なかなか本の内容が入ってこない!」「文章を読んでも、結局何が言いたいのかわからない!」このようにお悩みの方、多いのではないでしょうか。その気持ち、非常によく理解できます。僕も以前は、本や文章を読ん…
212Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これだけ多様性と個々の個人について注目が集まっている時代に「東大生」という無謀な括りと、バイアスをタイトルにされている時点で、大きな違和感を感じてなりません。

「東大生」という括りではなく、単に「読書術」として書かれた方がよいのでは?こういったタイトルが記事や書名になるということは、未だに「東大生」というキーワードに興味を示す人も多い?ということなのでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
肩書きの「現役東大生」に草

そういう名前の会社があるんかと思った

東大の学生なら「東京大学〇科〇類〇年生」とかでしょ

現役じゃない東大生ってなんだろう
浪人東大生?
現役の反対は引退?引退東大生?
中退東大生?
東大OB?

京大生だった人がやっている「本が10倍苦痛になる読み方」なら教えますよ
東大生をメルクマールとすることに陳腐さを感じる。
本を読む前の準備が大事なのですね。意識することがなかったので、やってみようと思います。