新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AppleがMacに、ARMベースのA14系チップを採用するというニュース。これまでも指摘されてきましたが、今回は「3タイプ」「最大12コア」という情報が出てきました。一方で、Intelチップも残し、「Pro」の名前がつくモデルはどんどん高性能化、高価格化に振っていくことになるでしょう。自社チップの採用は、Intelチップという共通の尺度で価格が比較されがちなWindows PCと別の軸での新たな競争に乗り出すことになり、マーケティングの意味でもAppleの自由度が高まっていくかもしれません。

Macの歴史は常に、プロセッサの乗り換えがありました。例えば、自社も開発に参画してきたPowerPCの省電力・ハイパフォーマンスの両立が求められるモバイル搭載が難しくなって、Intelにスイッチし、ベストセラーMacでクリエイティブ・教育以外のオフィスユース分野を切り開いたMacBook Airを実現させました。プロセッサに合わせてアーキテクチャを刷新してきたAppleにとって、Intelの開発停滞はMacの停滞に直結し、特に2016年ごろは、それまでのiPhone偏重による成長も相まって、「Mac軽視」の批判を浴びる結果となりました。

自社チップを採用することは、デバイスの自由度を高めることにもつながります。iPhone、Pad、Apple TV、HomePodなど、すでに自社チップでのデバイスを多数揃えている点で、Macが様々な形態進化を遂げることにも、期待したいですね。
既にMicrosoftのSurface Pro XにはQualcomm社のARMベースのチップSQ1が搭載されています。

ノートPCは年々高速化がすすむ一方、発熱や消費電力を抑えなければいけませんから、技術的課題が同じモバイル端末やタブレットのCPUが搭載されるのは道理といえます。

新MacBookに搭載されると考えられているチップは、iPhone12に搭載されるARMベースの新型CPUA14の改良型だと考えられています。
A14 が画期的なのは初めての5㎜プロセスのチップだからです。
PCで用いられてきた10㎜プロセスのチップと比べ、電力効率が高くなり、より高いパフォーマンスと低発熱を実現できるので、ノートPCには最適です。

A14プロセッサは100億以上のトランジスタを搭載しており、iPhone向けながら現在のMacbook PROをも上回るパフォーマンスを出せるとみられています。
パフォーマンスが高く、さらにバッテリーが長持ちするわけです。
Macbookシリーズにとって大きなブレークスルーになりそうですね。
Intelの凋落の始まりか、が気になっている。
PCで黄金期を作り、ネットが普及しクラウドにどんどんデータが映る中でサーバー需要も取った。だけど、スマホでは取れず、最近は微細化で苦しんでいる。
そのなかでスマホからどんどん進化しているARMベースは、コメントにもあるようにWindowsだったり、また何回か失敗しているがサーバーでもチャレンジが続いている。加えて、PC用でも自社の微細化が遅れる中でファブレスとなったAMDはファンドリーをTSMCに変え、最新では7nm(Intelはようやく10nmで、おまけにまだ14nm併用)。回路は微細に書くほど元のシリコンコストも安くなり、小さいから電子が回路を行き来する中で損失も少ないから省電力にもなる。
https://newspicks.com/news/4820872
https://newspicks.com/news/4789795
https://newspicks.com/news/3492042
少し前には早ければ2020年からという話もありましたが、2021年に新型PCからというのは想定通りかと思います。ただ収益重視のアップルが価格を下げるとは期待しにくいかなあ。
餅は餅屋じゃ無いのか?というのを超えて欲しい。MacについてはWindows機と違い自社のPCに自社のOSを載せてるのでデータのゴミなどもたまらずくらべるとサクサク動くというのはあると思う。専用にチップを開発するとなると他社のチップを使うより専用設計になるだろうから同じ性能であったとしてもより安く。か、性能の低いチップでも同じパフォーマンスを出せるのでは無いかな。
Macもスペックは様々。

WindowsにもQualcommがARMベースで設計したSnapdragon搭載のノートPCがある。
64 ビット (x64) のアプリは動作せず。32bitのアプリもエミュレートは処理の負荷が高く、並行して同時にアプリを動作するのは向いていない。

AppleはARMネイティブのアプリ開発、開発支援を行う可能性があるので、Mac OSとしては問題無い仕上がりになるかもしれない。ただ、Mac OSはBoot Camp等でWindowsの利用もある。互換性や処理速度の問題を解決できるだけだろうか。
iPhoneの次期モデルに採用されてた「A14」を基に3タイプのMac用プロセッサーを独自に開発中との情報。来年に少なくとも1モデルは発売できるよう準備を進めているようだ。
ついにMacが全く新しいものに変わるという意思表示なのだろう。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
180 兆円

業績

日本マクドナルドホールディングス株式会社(にほんマクドナルドホールディングス)は、東京都新宿区西新宿に本社を置く持株会社である。J-Stock銘柄。米国マクドナルド・コーポレーションの持分法適用関連会社(affiliate accounted for under the equity method、49.99%所有)。 ウィキペディア
時価総額
7,233 億円

業績