新着Pick
391Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
常に考え、追求する働き方。

大切なことです。与えられた仕事を、マニュアル通りにこなし続けるだけではダメ。

昇進を求め、社内政治に奔走している人は論外。社外ではまったく通用しません。

専門性、汎用性、そして独自性、どれも柔軟に考えることができ、より高いレベルを目指して、成長し続けてこそ強みになります。
その企業のトップパフォーマーになるくらい卓越したスキルを持っていれば外部でも通用すると思うが、それ以外の人は、普通の人=Average Performerは、その企業だけに通用するレベルだと思う。それでも獲得したスキル、専門性は活かせることが出来る。それだけに拘らないことが重要だ。弊社では、人材育成の領域において、Versatilist(バーサタイリスト)=多能工・多機能人材になるという方針を掲げ、状況変化に応じて、組織、役割も変わることを前提に、自社の基準だけではなく、市場原理主義を導入している。Versatilistは、複数の専門領域を持ち、その時その時のビジネスニーズと状況に応じて、幾つもの役回り=役割を担える人として定義している。個人的には、ある専門分野に拘っても良いと思う。一本足打法で4割打てるならば…。現実的には、そんな人は極稀である。変化に応じられる柔軟性をもつことは、生きていくで必ず強みとなる。言うは易し…ですが、"売れっ子"の人は、人知れず、努力していますからね。Do Upskilling!
残酷な言い方かもしれませんが、もともとの能力は後からの努力で大きく変わるものではない。

現実を認めるとすると、対人関係と仕事の内容に対する「マインドセット」が問題なのでしょう。 雇う側から見ると、専門性がない人も、融通がきかない人も魅力がない。 「汎用性」を強く意識してもいいことはあまりないと思いますが、相手の要求に対して柔軟であることと、柔軟に見えることは大事です。

もっとも、そう出来るか否か自体がもともとの能力に大きく依存します。 せっかく能力を持っている方は、上手く生かして欲しい。
これはかなり本質的な議論だと思います。
専門的な分野が一つあればその専門性の目で他分野を見れば違う視点で新鮮な見方ができるという考え方もあるのも確かです。
ただし汎用的な人間が重宝されるのもまた事実。
しかしながら汎用的な人間の一番の問題点は、ある程度の人たちにしか通用しないということでしょう
上場企業へのコンサル等を考えた時には通用しないでしょう
しかしあまりに専門的にとがっていても使いづらい
バランスなんでしょうね
専用性でも汎用性でもなく、独自性が生き残る世の中かと思います。

良く言われるのが、1万人のピラミッドの頂点に立つのは難しいけれど、100人のピラミッドの頂点に立つのは努力次第でなんとなかって、そんなピラミッドを3つ持ち、それらを掛け合わせると唯一無二の独自性を持つことができるという考え方です。100×100×100で実質的な1万人の頂点に立つことになります。

これからの時代、そもそも転職市場自体が壊滅的ですので、自分が生み出せる価値を活かせる場そのものを生み出す考え方が大事かと思います。専門性や汎用性はあくまで会社に属すること前提の考え方のように感じます。
ぼくが「超ヒマ社会をつくる」で書いた柱の一つが「汎用屋は強い」ということ。何でも屋、よろず屋。環境が変わっても仕事の中身を変えていけるひと。駒澤大学・井上智洋さんは、より掘り下げて、人間に残されるのはクリエイティビティ、マネジメント、ホスピタリティのCMHという「人間くさい仕事」と表現する。それは「スキル」ではなく「気構え」だと思う。
「汎用性」という言葉が適切ではないかもしれません。

「複数の専門性と、それを連結できる力」と表現した方が適切だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
「汎用性の高いスキル」
確かに変化の大きい今の時代ですと大事かもしれませんね。転職をしたいと思っていなくても、会社を超えたプロジェクトや副業などで活かせる場面も出てくるのかもしれません。