新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
相変わらずの煽りタイトルですが、⬇︎はインサイトですね。

>こうしたケースは過去には少なかったが、強引に似たケースを見つけるとすれば、東日本大震災後に液状化現象が発覚した湾岸エリアがある。そこから2年間、取引件数は3分の1に減っている。当時も取引件数は減るものの価格はほとんど落ちなかった。実際、投げ売りされるというケースは少ないのだ。
ダイヤモンドオンラインの記事の中で、何をピックアップするのか、まさに編集や運営のセンスが問われますね。
東日本大震災後の際、液状化に見舞われた湾岸エリアでも取引件数は3分の1に減りながら、価格はほとんど落ちなかったそう。
今後は、新築価格はやや下落局面を迎えそうとしながらも、その効果が本格的に表れるのは2,3年後だそう。
メモ、不動産価格
Premiumを無料で体験
登録・ログイン