新着Pick

コロナ後の世界 - 内田樹の研究室

blog.tatsuru.com
『月刊日本』にロングインタビューが掲載された。「コロナ後の世界」について。 ■「独裁か、民主主義か」という歴史的分岐点 ...
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「トランプは秋の大統領選までのことしか考えていないけれど、習近平はこれから5年先10年先の地政学的地位を見越して行動している。アメリカがどこかで軌道修正をしないと、これ以後の国際協力体制は中国が指導することになりかねない。」とのこと。コロナの元凶の中国が力をますのは皮肉です。
さすがの内田樹さん。必読です。
Live Gently.
関連記事一覧
在宅勤務で仕事中でも音楽聞き放題に。海外研究が示す音楽で生産性を高めるためのティップス
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
53Picks

ゲーム実況ツールがテレワークで効果? 従業員のメンタルケアに「バーチャル休憩室」
AERA dot. (アエラドット)
31Picks

孤独感を減らすリモートワーカーための「バーチャル休憩室」をHallwayが提供
TechCrunch Japan
17Picks

「新型コロナ感染が怖い」と休む社員に特別休暇は認められるか - 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美
Diamond Online
14Picks

コロナショックで株価が乱高下している今、私たちがやっておきたいこと
ライフハッカー[日本版]
11Picks

拝啓、コロナ脳の皆さま。孫正義さんの100万キット配布は医療崩壊するを簡単に説明するね - More Access! More Fun
More Access! More Fun
9Picks

感染者たたき、感染者の謝罪は自分たちの首を絞める 岩田教授に聞く「誰でも感染する」怖さ
Yahoo!ニュース
5Picks

「絶対にマンションに入らせるな」住人の看護師さんの感染を疑ってバリケードが設置される
文春オンライン
4Picks

「自分の年金」は「自分で守る」しかない…年金を少しでも増やすための方法 篠原充彦(篠原FP事務所代表)
PHPオンライン 衆知|PHP研究所
4Picks

コロナ禍の生活自由度、普段の暮らしを100点とすると54.3点――博報堂生活総合研究所調査
ITmedia マーケティング
3Picks