新着Pick
410Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ショートセラー「マディ・ウォーターズ・リサーチ」の創業者・カーソン・ブロック氏にお話をお伺いしました同社はラッキンコーヒーの粉飾決算を暴くきっかけを作り、これまで7社を上場廃止に追い込みました。

今、スネに傷のある中国新興企業の経営陣だったら、一番狙われると嫌な空売り調査会社です。

中国で働いていたこともあり中国通。ちなみに「マディ・ウォーターズ(濁った水)」の社名は中国語成語の浑水摸鱼(水が濁っている間に魚を捕る)に由来。意味は「混乱に乗じて利益を得る」。まさに空売り調査会社っぽいお名前です。

全ての空売りが成功するわけではありませんが、中国スタートアップに関わる方、中国関連株投資をするなら同社の動きはフォローする必要があるでしょう。是非ご覧ください。

★空売り調査会社?米国預託株式?など?が沢山出てくる方は、昨日の記事で解説しておりますので、合わせて読むと理解が深まります。
https://newspicks.com/news/4843161/?invoker=np_urlshare_uid2127482&utm_campaign=np_urlshare&utm_medium=urlshare&utm_source=newspicks
”ラッキンコーヒーの大株主たちは、この報告書を見て特に危機感を抱かなかったと思います。
なぜかと言うと、彼らは不正について問題意識を持っていないからです。“

この文が全てを表しています。ですから大きく上げることも大きく毀損することもあります。

倫理観が違うことを理解した上で中国株と接する必要があります(もし接する必要があるならば)
いやーおっシャル通りだと思います。
以前グラウカスリサーチに代表される空売り専業ファンド、中でも中国に着目したSDGsはずれな行為を専門とするファンドにインタビュしたことがあります
やはり彼らも同じくミセスワタナベの行動は読めず危機感が薄いと答えていました。
しかし気にしないといけないのが、今はやっているのはサイバーインシデントを梃子にする空売りです
情報流出事案の多くがメディア報道されるよりも前に情報を仕入れることが可能です。
これはダークWEBディープWEBに代表される情報源や、ある程度信頼されているバイヤーになることができればそこへの掲載よりもはるかに前にそのような情報は回ってくる
このような情報を入手したらば空売りを仕掛けて下落したところで買い戻す
注意したい存在ですね空売り専業ファンドは

「良い質問で、私も悩んでいます。日本の投資家が何を考えているのか、分かりません。
マクロの金融政策により、どの国の投資家も、リスクに対する感覚が本当に麻痺しています。
特に日本の投資家はリスクに対する感覚が麻痺していると私は見ています。悪いニュースを本当に気にしません。」
「空売り調査会社」怪しい会社の嘘を見抜いて下落した幅から収益を上げる。日本ではそもそもどの程度潜在的な成功の(粉飾の実態と見抜かれる)可能性があるのでしょうか?
マディ・ウォーターズ・リサーチのカーソン・ブロックさんは、ショートセラーの中でもかなり著名な方とのこと。貴重なインタビュー、必読です。
信じられないほど素晴らしい業績を挙げ、ADSを利用しているアリババ株は信じるな、ということになりますね。
「日本の投資家は...悪いニュースを本当に気にしません」だそうです。そうね。
ラッキンコーヒーは見事だなと思ってたが、マディウォーターが直接調べた訳では無かった事を知って驚いた。2016年に日本電産へのレポート発表して日足が陽線に終わった事があるが、あの時のレポートはあまり質が高く無かった。震災を挟んだ中計が達成していないという指摘に余り価値は無い。
面白い。ラッキンコーヒーで初めて空売り調査会社の存在を知った。
ADS制度もかなり上場企業寄りの制度だと思う。
監査が行き届かないわけなので、割り切って粉飾会計して資金を集めようとするのはある程度自然なのかもしれない。
疑問なのはマディ側が言う報告者というのは何が目的でレポートしたのか?
記事には対価払ってないとあるが、それだけ詳細なレポートを私的に作成したとは思えない。
空売り先を全部自社で調査しているわけでは無いんですね。
報告書の提供者に報酬を払っていないということは、その提供者も空売りしてるからでしょうか?