新着Pick
237Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なんと!グローバルOTA(オンライントラベルエージェント)の巨人が!

私にお金があったら買いたい!w そして「小(WAmazing)が大(エクスペディア)を食らう合併を、、、」(by「華麗なる一族」)

まぁそんなお金全くないのですが、私がそう考える理由は以下です。

国連世界観光機関(UNWTO)は2030年時点の旅行者数は年間18億人に拡大と予想しています。昨今は、前倒しで18億人に達成しそうと言われていましたが、今回のコロナ禍で、予定通りに戻る、あるいは、1-2年後ろ倒しになるかもしれません。
2012年時点では国際旅客は12億人でした。この6億人のうちの増加分は、ほとんどアジアの旅行者です。(東アジア、東南アジア)
21世紀前半に、経済成長もっとも著しいアジア地域の人たちが、経済的に豊かになり、モノの充足が一定いったところで、旅行というコト消費ニーズが大きく出てくるのです。
この傾向は、アフターコロナにおいても継続するでしょう。
(人間の欲求の進化というのは、過去から大きな傾向は変わりません)

そしてこの方々は、最初からスマホを使っている、デジタルネイティブな若者です。ますます、グローバルOTA(オンライントラベルエージェント)の存在感は大きくなります。

ただ、エクスペディアはアメリカ発の企業。競合ともいえる、ブッキングドットコムグループは、ブッキングドットコムはオランダ発の企業ですが、同グループにある、Agodaは、シンガポールの企業で、アジアに強い。

国際旅客が一番増えるアジアにおいては、競合であるブッキングドットコムグループのAgodaよりは圧倒的に弱い、という弱みもあります。

つまり、エクスペディアに「アジアの強み」を足したら、最強なのにな、という考えです。
10億ドルで足りるんかいな。ExpediaとBookingには重要な違いがあって、Expediaは消費者が旅行代金を先払いするMerchantモデル、Bookingは消費者が実際の旅行の時にホテルに支払いをするAgentモデル。Merchantモデルの方が先にお金が入る分キャッシュ的には助かるが、おそらく世界中で旅行がキャンセルされている今、先払いを受けた旅行代金の返却でどんどんキャッシュが流出していると思われます。Bookingの方がビジネスとして安定しているわな。Agentモデルはスケールさせるのが大変だからそれが参入障壁になる。
株価はピークの約3分の1にまで落ち込んで時価総額も1兆円を割り込んでるから、持ち分は10%を超えてくる。エアビーへの資金提供といい、ソフトバンクビジョンファンドの急失速で元祖ハイテクファンドの雄シルバーレイクの存在感がここの所大きい #PEファンド
エクスペディアは元々マイクロソフトからスピンアウトした会社です。本社もまだマイクロソフトと近い場所にあります。
例えばGoogleなどもツーリズムに本格的に乗り出そうとしている中、マイクロソフトが買収という可能性はないのでしょうか?

エクスペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2
まずはデジタル分野で企業再編の波‥という感じでしょうか。同じ動きが、次はオフライン分野にそろそろ?!
驚きのニュースですね。

旅行者からのキャンセルの返金は仕方がないこと。各地域に強いOTAがあるけど、それも再編していくんだろうか。

東アジアについてはコロナが終息しつつあるが、最大の旅行先である日本がまだ終息しない。欧米はまだまだのようなので、欧米のOTAはまだまだ辛い。

今後、地域によりコロナの状況にバラツキがでてくるので、OTAの動向について注目していかねば!
マジですか?!

終わりが見えぬこの長期戦を乗り越えられるのであれば、金融市場では一定お得な買い物という判断はありますね。
今、キャッシュを持っている企業にとっては、優良企業も優れた人材も最安値で買える時期です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
まさかのー!!
メモ、スタートアップ、エクスペディア、アポロ
エクスペディア(英語: Expedia)は、ホテル・航空券等の、旅行に関するオンライン予約を扱う、ウェブサイトおよびアプリ。 ウィキペディア
時価総額
1.32 兆円

業績

業績

業績