新着Pick
714Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自ら動ける学生は強いでしょうね。最近LinkedInで積極的に発信をしている学生がいるのですが、非常に目立っていて社会人からダイレクトにフィードバックコメントをもらっています。就職課まかせでは得られない情報ばかりでしょうし、ここからチャンスを掴むこともあるのではないかと思います。
村上さんのご指摘の通りで、学生や転職を検討されている方などから直接連絡を受けることが多くなりました。
時代の変化や現在のコロナの環境もあり、社会人もメールやSNSでの照会でも失礼とかそういうのはあまり思わなくなったと感じます。学生の特権でもあり有効に使うべきだと思います。
全てに応えたれるかどうかは別ですが印象はマイナスにはならないでしょう。
Think outside the boxです。
「政府が決めたルールでは企業の説明会などの開始は3月からですが、売り手市場を背景に実質的な説明会や選考が前倒しで行われる「早期化」傾向と言われてきたのです。」(記事引用)

「3月から本格的に活動した学生」の中には、就活よりも学業を重視した学生や、留学などで自己研鑽に努めた学生もいるかと思います。また見方によっては、「政府が決めたルールに従った学生」ともいえるかと思います。

そのような学生に対して「追い込み型」という表現を使うのに違和感を感じるのは私だけでしょうか。

以前日本では就活の早期化が問題視されていたと認識していたのですが、このような報道によって就活の「早期化」が助長され「早い者勝ち」のような風潮が強まらないことを望みます。
「面接のオンライン化で新たなスキルを身につけなくてはならない」
ん~そうかなぁ
別に聞くことは変わらないし人間性を見るのは変わらない
何か”スキル”で誤魔化せるとでも思ってるならそれは勘違いですね
どこかの会社が内定辞退率なんて計算している余裕があった日が懐かしいですなぁ
表向きはともかく、就活における大学格差はとてつもなく大きいです。

企業側も、短時間で就活生の資質を見分けるのはムリだとわかっているから、安パイである難関大学卒業生を採用する。

たとえ「追い込み型」の就活生であっても、難関大学生であれば(おそらく)心配はいりません。
動きが速くても、Fラン大学の場合は結果は同じでしょう。

就活における「学歴フィルター」は確実に存在し、憤っても仕方がありません。
学歴と同程度のものを取得すればいいのです。

Fラン大学でもTOEIC800点以上をとって大企業から複数の内定をとった人を私は知っています。

自分の市場価値を上げておけば、少なくとも就活においては挽回が可能です。
この状況を考えると…情状酌量の余地はあるが、元々、本当に会いたい人には会えないことも多かった就職活動の本質は、変わらないと思う…。この時期だから、出来ることを考えて行動して欲しいと思う。OBOGも、普段以上に親身になって相談に乗ってくれるはず。私自身も、ビデオ会議でカジュアル面談の依頼が多くなっているが、移動時間などが無くなっている分、学生と対話する時間をコロナ前と比べると相当確保出来ている。本当に話を聞いてみたい人に遠慮せず、アプローチして欲しいと思う。この状況下での積極的なアクションは、相手にリーチ出来るだけでなく、"熱意"を感じて貰えるはず。ポジティブに考動しよう!
今日も学生との相談会をやったが、やはり就職がどうなるかという不安は多くある。企業も手探り、こちらも手探り。こういう乱世を生き抜けるたくましい学生になって欲しいが、みんながそうなるというのも難しいだろうな…。
じつは、大学も講義がオンラインになったり、講義開始が延期されたりして、就活にかけられる時間が増えている状況ではあるのだけど、合説とかでの縁というものもなくなっているのが残念なところ。就活サイトだと、自分から出る検索ワードで出てくる企業しか見られないからね。

こういう前例がない状況の下で動ける学生とそうでない学生とで差異が生じるのはしかたがないこと。自ずと自分の特徴がわかるのではないか。自ら動けることも長所でもあり短所でもある。長所として活かせる場を得られることはいいことだし、そういったことが苦手であれば、もうちょっと落ち着いた業界や企業がいいのかもしれない。

昨年までの求職者が強い採用状況からすると、今年はネガティブにも捉えられるが、自分の特徴を自覚して、企業の特徴も表出される今、自分にとって必要な働く環境を見極めるチャンスでもあるので、前向きに捉えてほしいと思う。
「そもそも一括就活をやめるべき」という議論にはならないのでしょうか?最近は通年採用する企業も増えてきました(少なくとも私の見聞きする範囲では)。

そして、関連記事に「動画選考で勝ち残るための「就活スーツ」の新常識」。これも(以下省略)
「学生の支援を行うキャリアセンターには、電話がつながらない大学が半数以上でした。緊急事態宣言を受けて施設を閉鎖したり職員の出勤数を減らしたりしているためです。」
就活生のみなさんも不安でもどこに相談したら良いかわからないという状況なのですね。非常に心配だと思います。